« in 福岡 ~中州の夜はたまらんばい~ | トップページ | 今更なんだけど(汗) »

関東のうどんも捨てたもんじゃない

 博多に行って一番驚いたのは、実はうどんの発祥の地と言われていたという事実。

ラーメン屋と同じくらいうどん屋がある。

 なるほど、確かに中国から仏教と一緒に伝わったと言うルーツを考えると、九州に一番最初に上陸したのは不思議ではない。

 また、このうどんが不思議な食感で実にうまい!

讃岐うどんと対極にある様な、フワフワした歯ごたえとはおよそ縁遠いのだが、それでも旨い。「うどんはシコシコと腰がなければいけない」という常識を根底から覆す様な新発見。

 その余韻覚めやらぬまま、関東にも旨いうどんがある事を思い出し早速出かける。

その店の名は『藤店うどん』。大宮の三橋と川越の計2店舗あるのだが、今回は川越の店に。

 090113_131947

肉うどん 並 650円。

ネギのシャキシャキ感とバラ肉の柔らかさ、そして腰の強いうどんと3拍子揃った名品。

う~ん、関東でもこうして旨いもんは食える。幸せ~

|

« in 福岡 ~中州の夜はたまらんばい~ | トップページ | 今更なんだけど(汗) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20067/27108072

この記事へのトラックバック一覧です: 関東のうどんも捨てたもんじゃない:

« in 福岡 ~中州の夜はたまらんばい~ | トップページ | 今更なんだけど(汗) »