« 2007年6月 | トップページ | 2008年8月 »

始まりましたね

今日の小倉競馬
やっぱり、予想通り「武ユタカ騎手の固め打ち」が始まりました。

1_2 1勝目 2R
単勝 170円
馬単 790円
相手は幸騎手の3人気

2 2勝目 3R
単勝 210円
馬単3980円
相手は野元騎手

3 3勝目 5R
単勝 140円
馬単 860円
相手は藤岡康太騎手

4 4勝目 7R
単勝 280円
馬単2200円
相手は渡辺騎手

5  5勝目 10R
 単勝 230円
 馬単4090円
           相手は佐藤哲三騎手

オラオラオラァァと承太郎のようにラッシュが入りました。
残念なのは配当の低さ。ちょっと抜けると、馬単ならスグ万馬券になるのでおいしいのですが・・・
例えば今日だと、7Rの3着佐久間騎手の12番(14人気)がもうちょっと何とかなってたら247倍です。
まぁ、何とかならないのが競馬なんですけど(笑)

でも、ユタカ騎手から抜けて万券ってのは結構あります。現に、そのレースの3連複は65460円ですから・・・

毎年そうですが、夏場の小倉は武騎手の1人気1着率は際立ちますのでしばらくコレ専門で狙って行きましょう!
去年もおととしも凄かったです。

しかし、函館は激戦区ですねぇ。安藤勝己騎手も暴れてるし、ノリ騎手も日曜は頑張ったし。生半な若手ではチョット出番ないですね。

心配なのは新潟の地震です。
昨日重賞勝利した村田騎手もとい白アゴヒモ2号は、柏崎出身らしいので気が気でないでしょうね。
1アゴヒモファンとして僕も心配です(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

やっと更新・・・

日数が思ったよりも開いてしまってスミマセンでした(汗)
今週も甲府に出張などが重なり、中々更新できず今日ようやく・・・というカンジです。

夏のローカル開催、いよいよ本番がスタートしました。
新潟・小倉・函館というラインナップを見ると「う~ん、夏だなぁ」とカンジますねぇ。

さて、小倉競馬場ですが、台風の影響はどうなのでしょう?
もし、開催されるなら実は興味を持っている事があります。
散々、この間書きつづった事が、予想以上に速度で起きつつあるのかなぁと今認識を改めている所です。
それは何かと問われれば・・・
「武ユタカ騎手の逆襲」です。

去年ほどの勝鞍になく、このまま岩田騎手に水をあけられて終るだろうと想像していたのですが、岩田騎手は今年も夏は函館に行きました。
いくら岩田騎手でも函館は激戦区です。
藤田騎手・横山ノリ騎手・四位騎手と夏の北海道を得意とする(乗り馬集めを含めて)3人が固まってますからねぇ。
その点、小倉には強力なライバルがいません。せいぜい川田騎手、佐藤哲騎手、幸騎手くらいの物ですから、武ユタカ騎手が勝ち鞍を固め打ちで来る事が想像されますね

という事で作戦変更です。
今年の武騎手は「馬単2着付け」がセオリーだったのですが、この夏は
「馬単1着人気薄流し」が1つのパターンになりそうです。
馬単なら、アッサリ万付くケースも多いですから、人気がない馬の方に金額を多く配分した方が良いのは言うまでもありません。
まして、この時期になっても勝てない未勝利戦の馬などは、展開の有利不利で大きく着順も入れ替わるので、馬注はそれほど役に立たないでしょう。
1つの戦術として試してみようかなぁと思っています。

ただ、明日は台風気味なので、短日でとらえずに夏を通した1つの狙い方として抑えておきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

今週はお休みです

タイトル通り、今週は土日とも出勤しかも出張となる為、予想に十分な時間が取れそうにありません。
なので、大変残念ですが予想UPは1回お休みとなります。
悪しからずご了承下さい・・・

とりあえず、遠くの地で白アゴヒモの活躍を期待しています。
阪神最終週なのに、馬券買えないなんてツライっす。

来週からは舞台も変わりいよいよ「夏競馬本番」という雰囲気が強まります。
福島ほどクセのない新潟に替り、そっちで勝負していこうかなと思ってます。
小倉はチョット勘弁ですけど、武ユタカ騎手で一儲けしたいなと企画中です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yutaka's counter attack!! ③

今日も騎手の話を1つ。
タイトルは「ユタカの逆襲」となっていますが、今回は相手方の岩田騎手について触れたいと思います。

今更言うまでもないですが、確実に追えますよね。
ダートでずぶい馬を追って持って来る技術は特に圧巻です。
ペリエ騎手と岩田騎手が双璧でしょう。
そんな岩田騎手もGIにはあまり縁がありませんでした。それも、今年からは劇的に変わって来るでしょうけど。
今までは直属とも呼べる有力馬主がいませんでしたが、今年は「アドマイヤ軍団」がいます。GIともなるとやはり個体の能力が大きく物を言いますので、この加勢は岩田騎手にとって大きなプラスになります。

そんな岩田騎手の平場・一般戦の狙い目です。
今の岩田騎手は、かなり人気過剰になってきました。ちょうど去年の秋の内田博騎手のようです。何でもかんでも人気になっているので、吟味も必要になって来ました。

最近気が付いた真実・・・

それは『ヒモに人気薄を持って来る率が高い』

Photo_36

よって、岩田騎手から馬券購入する際は、

Photo_41

Photo_42

①まず『馬単1着流し』で入る事。

 ※勝率が圧倒的に高いのですから、これは当然ですね。

Photo_38 ②2着に人気薄を持って来る事が多い。

③という事は、好んで人気薄を厚めに買った方が良い。

という三段論法です。
レースを観ていて思うに、岩田騎手の勝ち方って渾身のフルパワーで相手を競り落とすってカンジがしますよね。
この間のアドマイヤムーンなんかまさしくそうでしたし。
昔のデザーモ騎手とかもそうですけど、逃げ馬とかに優しくない騎手ですよね。
早めにガッと上がってせり潰しちゃう。
本人はグイグイ追ってそのままもたせちゃうからいいけど、交わされた馬はズブズブ沈んでいく。
ここで言う交わされる馬というのは、大体人気馬です。
それで結局外を差してきた人気薄の馬が2着。
このパターンで荒れているのではないかな?と想像されます。
今後も岩田騎手を買う際は、人気薄を厚めに抑えるのを忘れないようにしましょう。

にほんブログ村 競馬ブログへ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新馬戦

土曜日は3勝と、やはり上昇気配が漂ってきた武豊騎手ですが、日曜日は1勝止まり。
しかも土曜日は岩田騎手が5勝の固め打ちとあって、差は詰まりそうにありません。

話は変わって新馬戦がスタートしていますね。
今年の注目はシンボリクリスエスとファルブラブの新種牡馬です。
ポストサンデーサイレンス争いがこれからますます過熱する、その行方を占う上でも重要なファクターです。
タニノギムレットがウォッカで一躍有力候補に上がりましたが、興味深くこれから年度末へ向けて注目していきたいと思います。
早速、土曜日の新馬戦(阪神)で新種牡馬同士の1・2着というのが出ました。
馬連 2640円
3連複9620円
のまぁまぁの配当でしたので、今後も馬券の軸として考慮が必要かもしれません。
あと、個人的にはナリタトップロードの産駒にも期待しています(馬券的にですけど)
ナリタトップロードの産駒は今年が最後となるので、きっと走る馬が出て来るはずです。
牝馬ではベッラレイアが頑張ってくれていますが、牡馬でも1頭必ず出て来るとにらんでいます。

にほんブログ村 競馬ブログへ 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今日の結果

狙い馬だった函館1Rサンジャンボリーは、見せ場なく何とシンガリ負け・・・
4角では既に脚が一杯の所を見ると調子落ちかも知れません。
いずれにせよ、ビリになるほど力のない馬ではありません。時間が残りわずかしかないので間に合うか微妙ですが、引き続き追いかけたいと思います。

ラジオNIKKEI賞のトーセンアーチャーは、道中殿待機の思い切った競馬。
吉田豊はこういう事が出来るのがスゴイ騎手だと思います。が、チョット後ろすぎだね(笑)
直線では一番外に出して、その分のコースロスも痛かった。
何とか鋭い脚で追い込んで来るものの、5着が精一杯。「せめて3着!!」と叫んで見てもやっぱムリでした。
イクスキューズは今回はスムーズな競馬をしていましたね。それでいて3着という事でいよいよ頭打ち感が強くなってきました。
今後も藤沢ブランドと過去の実績で人気しそうですが、今後は積極的にケリの方向で行きます。
勝ち馬ロックドゥカンプは強かったですね。素直に脱帽です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2008年8月 »