« 安田記念 | トップページ | !! »

トムクルーズ?

スカパー! レンタルサービス


馬の子TIMで手島優を一緒に応援しましょう(笑)

にほんブログ村 競馬ブログへ ←気が向きましたら、お1つポチっとお願いします

先程、ネット上をウロウロさまよっていたら、香港競馬のレース映像が観れるサイトにたどり着きました。ラッキーとばかりに映像を食い入るように観ましたが、結構ボクは良いカンしているようです(笑)
印を打った香港馬2頭、グッドババ・エイブルワン。特に目立ったのはグッドババでした。
チャンピオンズMは、完全にラチ有利の馬場状態。そこを見事なマイペースで逃げたのがエイブルワンですが、グッドババは中団を追走。そこから外に持ち出して追い出しますが、前が止まらないので差が詰まらないという結果でした。
しかし、その前走のチェアマンズTでは、後方外目を走って直線力強く伸びて1着。このレース内容には光る物がありました。
なので、グッドババの印は△→注に変更したいと思います。場合によっては単まであると思います。(差し替えになり皆さん、スミマセン)
単勝11.9倍は香港馬では1位。うーん、納得。要注意の1頭です。
あ、ちなみにボクの印の序列は次のようにしています。参考までに。

◎:」軸として買う馬
▲:1着まである。2番目に魅力がある馬
○:1着までは微妙だが、力から3番手の評価
注:1発アリ。配当によっては単を抑えたい。
△+:連下だが、△よりは上。
△:連下
△-:人気馬で信用できない馬によく使う。本心では切ってしまいたいが、一応抑える。

さて、標題の「トムクルーズ」ですが、ボクはトムクルーズの結構なファンです。
(そんな事知ったこっちゃないし、興味もないと思いますが・・・)
なので、「・・・クルーズ」とか彼に絡んだ作品名の馬名なんて見かけると、一瞬目が止まっちゃうんですね。
でも今日はそれがやたらと目に付く。
1Rから噂の「ノムクルーズ」。馬主さんが野村さんだから「ノムクルーズ」というアラワザ。
嫌いではありません(笑)
なんと、その1Rにもう1頭。「イーサンラヴ」が出走。
「イーサン」というのは、M:Iシリーズでの彼の役名。中々な偶然ですね。
ま、そういう事もあるだろうと思って2Rを見たら、
=( ̄□ ̄;)⇒
1枠1番「スマートクルーズ」
またクルーズっす!!当然、1Rの「ノムクルーズ」さんとは全く関係ない馬主さんです。
これは何かあるのか?実に珍しい日だ。4Rには、「シルクカクテル」と彼の初期の代表作の名前も。
まぁ、カクテル系はタニノギムレット産駒に多いからね~と思っていたら。
7R「トーセンクルーズ」 キタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!
今日は確実にトムクルーズDayですね、ボクの心の中では(笑)
もしや、トムクルーズに絡む何かがあるのか?と気になってしまい調べた所
トムクルーズ 1962年7月3日生まれ。
微妙・・・これがせめて6月3日生まれなら、記念に(何のやねん)単勝でも買おうかなという気にもなるんだけど。ジャスト1ヶ月ずれてる・・・
という事で勝手な盛り上がりのコーナーでした。とか言いつつ、今BGMをM:Iのテーマに変更してしまいました(笑) その後はvanilla skyにします。

さて、本題はここからです。
今日の芝のレースから、差しがかなり決まり出しました。東京らしい結果が炸裂し始める頃に、東京開催も終了と寂しい限りですが、だからこそ明日はピンポイントに狙う必要があります。
差しが決まりだした=先行型騎手の後退 です。
つまり、藤田騎手の大暴れが一段落つくのかなと予想されます
(でも安田記念では馬の能力と、彼のGI戦線前半からのパフォーマンスによる「地力運」を信じてコンゴウリキシオーから行きます。)
追えば必ず伸びる地方出身騎手は更に強みを発揮するでしょう。また、横山ノリ騎手やエビなどの決め打ち系の騎手が台頭してくるのもこの馬場状態の時です。
ノリ騎手は、こういうタイミングでガチっとハマって来るととんでもない事をやらかしますので要注意です。
逆に、ラチをすくって勝つのが得意なタイプは割引ですね。北村宏とか。

そんな中、内田博騎手が10鞍も騎乗予定です。彼と岩田騎手が追えば、通常の騎手よりも何馬身分も伸びるように感じます。
ズブイ馬・前をぶち破るとか、シゴさせたらこの2人にペリエを加えたのが3強でしょう。
その内田博騎手が、ナスノフィオナに騎乗します。

東京12R 江ノ島特別 芝1800m ハンデ戦

ここ3戦、勝負し続けて、9着・4着・9着と裏切られ続けて来た馬「ナスノフィオナ」
前走でもう追いかけるのはやめよう―と決めたのですが、田中勝騎手から内田博騎手に乗り替りました。
これでも来なければ、ボクの選定ミスで諦めがつきます。成仏できるでしょう。イヤ、別にしたくはないんですけどね。
とにかく、負け方がいつも消化不良なんです。3戦ともに前がつまって塞がっての敗戦。
確実に脚を余しています。前走は、ヒシシンエイよりこっちで勝負!と単勝・3連単としこたま行ったのですが、またまた外から被せられ、外に持ち出すのに大きなロス。しかも追い込みが利きにくい馬場とあって9着の惨敗。逆にここで惨敗してくれたので人気もそれほど過熱しないで済むのでしょうけど。
ヒカルベガ・ウインクルセイドと1000万下で惜敗が続いている馬がいるので、人気はそっちに流れてくれると有り難い。
相手は絞りこまずに差し馬勢に流します。先行したがりの藤田騎手のヒカルベガは大外枠からかなり脚を使うので割引と見て△止まり。
特に興味があるのはユウタージャック・エアフォルツァ
ユウタージャックは、前走殿から大外に出しての脚が抜群でした。4月22日は開幕週なので、圧倒的に逃げ・先行・ラチ有利の馬場、それでこの内容は目立ちます。
2走前には上がり34.2とメンバー中でも突出。穴ジョッキー武士沢騎手と3拍子揃っています。
エアフォルツァも10ヶ月の休養明けとなった秩父特別で10着。スタート後、引っ掛かってなだめるのに苦労していました。そこから外に出して先団に進出もパッタリ。
まぁ、長期休養明けだからこんなものでしょう。
あと1頭はシルクダッシュ。小林淳騎手も、最近よく連に絡んで穴をあけます。ムラマサノヨートーでのNHKマイルC以降、インコースに突っ込んで穴をあけています。
シルクダッシュも同様で、秩父特別では出遅れから後方を追走し、4角でインに突っ込み3着まで脚を伸ばしました。
こういう騎乗が出来るのなら、狙って面白いと思います。

◎ナスノフィオナ
○シルクダッシュ
▲ユウタージャック
△+エアフォルツァ
△シルキーステラ・ウインクルセイド・レイルバード・スリーハイシャトル・リファンドボディ・ロケットパンチ・ヒカルベガ

にほんブログ村 競馬ブログへ ←気が向きましたら、お1つポチっとお願いします

|

« 安田記念 | トップページ | !! »

予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20067/6641297

この記事へのトラックバック一覧です: トムクルーズ?:

» ネット 光 [フレッツ光導入口コミ情報]
「フレッツ光導入口コミ情報」へようこそ。「フレッツ光導入口コミ情報」では、フレッ…[ネット 光] [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 16時35分

« 安田記念 | トップページ | !! »