« !! | トップページ | 騎手論①~GIレースについて思う~ »

騎手

スカパー! レンタルサービス


スターティングゲートも結構面白いです。

にほんブログ村 競馬ブログへ ←気が向きましたら、お1つポチっとお願いします

昨晩、仕事から帰りグリーンCHを見ていると、藤田騎手と安藤勝己騎手がニコやかに握手している場面をみつけました。その笑顔がなんとも印象的でした。
そのせいか、夢にまで藤田騎手が出てきました(笑)
中央自動車道のPAでバッタリ遭遇するのですが、藤沢和調教師と藤田騎手が一緒にいる所に、ボクが「大ファンなんです!握手して下さい!!」と恐縮しまくりながら申し出るという夢でした。
「今年のGIは本当に2着続きで惜しいですよね」と声をかけるのですが、藤田騎手はチョット険しい顔になり、「それは言わないでくれよ」と吐き捨てるトコロで記憶が途切れます。
実にヘンテコな夢でした。

―閑話休題。さて、返す々も安田記念では自分のセンスのなさと客観的に素直に判断する力のなさにガッカリしました。
ボクの予想の組み立ては、
馬の個体能力+コース特性+騎手+状態+旨み成分少量・・・
みたいなカンジ(?)なのですが、騎手についてはもっと深く考察しなくてはないけないと痛感させられました。
GIではどうしても足りない騎手というのがやっぱりいます。現実問題として直視しなければならないようです。
今年の田中勝騎手はようやく喪が明けて、ヴィクトリーとシャドーゲートでGI勝ちを手に入れました。が、それにはやはりそうなるだけの前兆がありました。それは前に述べた通りです(今回はマニアックを参照して下さい)。

思うのは、特に関東勢がカッタるい。関西馬ばかりが勝っているのだから仕方ないと言われればそれまでですが・・・
でも、やっぱり何かが足りないからだと思います。
運が足りない。そうかもしれない。でも一番思うのは、工夫が足りないのではないでしょうか?
最近の横山ノリ騎手を見ててもそれは思います。
もう自分の騎乗スタイルをハナから決めてしまっていますよね。抑えて直線ズドンみたいに。それはそれで自分が考え出した結論なのでしょう。
でも、ボクたち馬券を買う側からすればそれは別の問題です。
買う側には買う側の工夫が必要ですよね。騎手批判をしても何も前進しないので、「この騎手はそういう乗り方をするんだ」という現実を受け止める事が必要だと思います。

という事で、今週はGIもありませんしボクなりの「騎手論」について触れて行きたいと思いますので、どうぞお付き合いお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« !! | トップページ | 騎手論①~GIレースについて思う~ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20067/6663120

この記事へのトラックバック一覧です: 騎手:

« !! | トップページ | 騎手論①~GIレースについて思う~ »