« 2007年1月 | トップページ | 2007年6月 »

荒れるGI安田記念~牡馬はどうなのよ?

スカパー! レンタルサービス


馬の子TIMで手島優を一緒に応援しましょう(笑)

にほんブログ村 競馬ブログへ ←気が向きましたら、お1つポチっとお願いします

アドマイヤオーラ、全治6ヶ月で戦線離脱ですね。
ゴール前でアッチフラフラ、コッチフラフラ走っていて相当に御しにくい馬だったと思いますが、またもや牡馬に刃こぼれが。
そして、『アドマイヤ』にやっぱり流れの悪さを見ます。
ココナッツパンチも骨折で長期休養。このままでは菊花賞はまたもや大荒れ模様です。
ま、随分先なんでまだ関係はないんですけど。

では、安田記念出走の牡馬古馬について見てみましょう。
正直目立つ馬がいませんが、中心はスズカフェニックスとダイワメジャーです。

スズカフェニックスは高松宮記念の勝ち方が良かったですね。
もしかしたら、武豊騎手が今年はいよいよGIを獲り逃すかも知れない、なんて思っていた矢先にアッサリ獲りましたね(笑)
外を地力で進出し、そのままの脚で押し切る強い内容でした。
1600mも東京新聞杯1着で問題ないです。こちらも全く同じで、大外から鋭く伸びての1着。その時は56kgで今回は58kg。高松宮記念も57kgなので、その辺が短距離線という事もありどれほど堪えるかが重要になって来るでしょう。
また、今の馬場もポイントで、もし先週の状態のままで来てしまうならチョット割引材料です。

一方のダイワメジャーは、やっぱり休養明けが最大のネックでしょう。
そして、年齢的な衰えはどうなのか?この2つに集約されています。
思い起こせば、元々は東京コースで走らないとかノド鳴りがヒドイとか色々言われ、安田記念では凡走を続けていた馬です。
それが去年の秋の毎日王冠で一気に覚醒し、恐らく生涯最高のピークを迎えたのでしょう。
毎日王冠1着→天皇賞(秋)1着→マイルCS1着→有馬記念3着
という怒濤のコンボHITが炸裂しました。
分かっているのは、中距離馬の現役ピーク期間はそんなに長くはないという事。
それであるが故に、今回の休養が逆に「吉」と出るかも知れません。ちょうど去年のアサクサデンエンのように。
2005年 1着(7人気) →2006年 2着(10人気)
ダイワメジャーにとってプラスとなるのは、今年のメンバーが軽い事。
だから連対までは十分にあると思いますが、単勝となると敬遠したいと思います。
着順は必ず下がってくると思うので、良くて2着。
去年の安田記念4着より下に来る可能性も低くはないでしょう。

話は戻って、スズカフェニックスに東京新聞杯で惜敗(2着)したエアシェイディはどうでしょう?前走の惨敗で人気は大きく落ちそうです。
東京新聞杯は、安藤騎手らしい「心臓に毛が生えた」ような騎乗を見せました。
直線に入り、坂を上りきっても手綱を絞ったままでピクリとも追わない。
残り200mを切った時点で、一気にラチにツッコミ脚を爆発させました。
これが中山だったらものスゴイと思うのですが、東京なのでこの2着はまぁそれなりにしか評価しません、ボクは。
ただ、人気しない事・馬場状態・枠順・騎手を加味した上で、場合によってはオモシロイ穴馬になる可能性もあります。当日までペンディングです。

最後に、オレハマッテルゼ。
京王杯の時も絶対いらないと思ったのですが、前残りが強い馬場状態に助けられ3着になだれ込みました。有利な馬場状態であったにも関わらず3着。
完全なピークアウトと見て、今回は完全にキリ。馬券対象外です。
→なんて、今日も強く言い切っちゃったよ(笑)ボクは買わないという事なので、よくお含みおきを。

にほんブログ村 競馬ブログへ ←気が向きましたら、お1つポチっとお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (4)

荒れるGIのとどめ~それが安田記念

スカパー! レンタルサービス


馬の子TIMで手島優を一緒に応援しましょう(笑)

にほんブログ村 競馬ブログへ ←気が向きましたら、お1つポチっとお願いします

まだまだウォッカの興奮が冷め遣らずというカンジで、ブログ内でも色々物議をかもしているようです。
良いダービーでした、間違いなく。
ただ、ボクは俗物なのでやっぱり馬券をしっかり獲ってない限りはbestな結果とは言えない。
ウォッカはスゴイ馬だと脱帽しますが、この結果を想定できなかった自分はまだまだだなぁと悔恨だらけです。
だから、多くの方の『ゴールした時に涙を流した』とか、『大声で絶叫した』というコメントを見て、嫉妬してしまいます。
ボクはそんなにピュアではないので、出たのは涙でも大声でもなくイヤ~な汗でした。
絶叫するのは、自分の選んだ馬が馬券に絡みそうな時だけです。
これは競馬を始めてから何も変わっていません。だから、あんなに心持ちが純粋な方に触れると、どうして良いか分からなくなります・・・困ったものです。

さて、話をこれから先のことに向けましょう。
荒れるGIが今年のテーマであるならば、この安田記念こそはそのトドメとも言うべき象徴的なレースです。
何せ、勝ち馬の人気がスゴイ!

2006年 ブリッシュラック   3人気  プレブル騎手
2005年 アサクサデンエン  7人気  藤田騎手
2004年 ツルマルボーイ   6人気  安藤勝騎手
2003年 アグネスデジタル  4人気  四位騎手
2002年 アドマイヤコジーン 7人気  白アゴヒモ
2001年 ブラックホーク    9人気  横山ノリ騎手
2000年 フェアリーキングプローン 10人気  フラッド騎手
1999年 エアジハード     4人気  蛯名騎手
1998年 タイキシャトル    1人気  岡部騎手

1番人気の1着は、タイキシャトルまで遡らないとなし。
騎手も1人気で勝ちそうなラインナップではない。
これは、無理矢理な穴馬を探したがるボクには相性の良さそうなレースです。
とか言いつつ、いつもヒモを間違えて外してますけど(笑)

アサクサデンエンとスイープトウショウを買いながら、サイレントウィットネスを外しダンスインザムードを3連複の相手に選び轟沈したり、キラリと光るセンスが必要である事は疑いないレースです。

今年も荒れ模様120%ですね。何せ、牡馬で強いのがいない。
ダイワメジャーが本来アタマ2つくらい抜けてるのですが、有馬記念以来。
カワカミプリンセスでやっちゃってるボクには、チョット手を出し辛い。
後はスズカフェニックスにコンゴウリキシオーっすか・・・やっちゃいそうですよね。
ならば牝馬はどうでしょう。
ヴィクトリアマイルC組では、1~3着が今回はお休みです。
キストゥヘブン・ジョリーダンス・ディアデラノビア・アドマイヤキッス。
この面子では、ジョリーダンスが一番ですよね。
ヴィクトリアマイルのレースをチェックすると、この日は噂の(?)完全無欠の前残り馬場。
ディアデラは上手く内を突きましたが伸びきれず。
結果スタートから引っ掛かって前に付けたキストゥヘブンがごっちゃんですってカンジで4着。これはダービーのアサクサと同じで展開のなせるワザ。
今回も横山騎手が乗るのであれば、後ろから行く可能性が抜群に高いと見るので、馬券対象からは外します。
アドマイヤキッスはスタートで後手を踏み、不本意な位置での競馬。当然外は伸びきれずに消化不良のレースで、これは巻き返しがあってもおかしくないです。
ただ、アドマイヤなんで誰が乗るの?っていう事と『アドマイヤ』グループ全体に運のなさを感じます。よって敬遠。
そのアドマイヤの後ろにいながら、直線しっかり伸びて差を詰めたジョリーダンスは能力の非凡さをアピールしました。問題は、今回も外が伸びない馬場が続く可能性があるという事です。
この辺は、土曜日のレースなどで見極めながら判断をしたいと思います。
単純な能力比較で言えば、ジョリーダンスが筆頭です。なんてエラそうに決め付けちゃいました(笑)

にほんブログ村 競馬ブログへ ←気が向きましたら、お1つポチっとお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (5)

日曜日の回顧

スカパー! レンタルサービス


馬の子TIMで手島優を一緒に応援しましょう(笑)

にほんブログ村 競馬ブログへ ←気が向きましたら、お1つポチっとお願いします

日曜のレースの傾向は、大筋で土曜日と同じでしたね。
芝もダートも先行・ラチ有利の展開で、これが安田記念まで続くのかどうか非常に興味があります。特に芝は逃げが圧倒的に有利でしたので、この辺が騎手の心理にどう反映されてくるのかもポイントになりそうです。

今日の予想結果も厳しかったです(泣)
というのも、展開面で有利になりそうな人気薄を強引に見つけ出してはいたのですが、やっぱり4~5着までしか来てくれない。

3R サプライズユー  10人気・3着
4R サンライトプリティ 7人気・5着
6R ノワールシチー   6人気・5着
9R コパノスイジン  13人気・5着
11R アグネスハッピー 5人気・2着

 
と、どうもイマイチでした。
もっとアタマを柔らかくして臨むようにしないとダメですね。

今回のダービーのハズレで、大事な事を学びました。
最初からフサイチホウオーを過信してしまっていたという事です。
来るに決まっているからと棚上げしてしまい、1回目から考察もいらないでしょうというスタンスで臨んでいました。
牝馬の劇的な勝利という記録的な出来事の前に、データは通用するワケもなく、平成に入ってから1度も3着以下になった事がない1番人気が馬群に沈みました。

う~ん、競馬って奥が深いですね・・・だからこそ病みつきになっちゃうんでしょうね。
このハズレを次に活かさなければただの負け組です。
この出来事を絶対に忘れません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

teriffic!!

ウォッカ、王道のレースをしての見事な完勝!!
ただただ脱帽です。
馬群の中をジッとガマンし、4コーナーでもロスのない中央に持ち出す事が出来た完璧なレース運びでした。

馬券は残念ながら外れてしまい、参考にして頂いた方には大変申し訳ございませんでした。
色々な意味で、前例のないダービーになりましたが、ウォッカの勝利を素直に称えたいと思います。本当におめでとうございます★

ブログで予想を展開している方にはウォッカを◎に推している方がかなりいられたので、今日の馬券を手にしている方もかなりいらっしゃいますよね。おめでとうございます。
ボクもまだまだ研究して、ガッチリ本線で的中できるよう頑張って行きます!
競馬はまだまだ続きますので、お互いガンバリましょう。

それではダービーの簡単な回顧を。
馬場の傾向は、前日のままでした。逃げ・先行に圧倒的に有利で、差し馬は外を回しては届かず、中央~ラチをつかなけば来ません。
そこで注目は、6Rの芝戦での福永騎手の無印人気薄の逃げ切りです
ここで見事1着に押し切った手ごたえで、ダービーでもアサクサキングスを逃がそうと決めたのではないかと思います。この辺の嗅覚はさすがですね。
スタート直後一瞬ヨレて、ヴィクトリーのスタートを阻害する形になりました。それも結果としてプラスに向きました。
でもヴィクトリーとしてはこの時点で終ってしまいました。ツイテないというか・・・
1角手前で後方2番手。2角で外を馬なりながら進出して4~5番手。ここでの無駄脚が最後にコタエました。

しかし、フサイチホウオーがまさか飛ぶとは・・・まさしく青天の霹靂です。
フサイチを軸に、先行・ラチ使いの馬のBOXを買っていたので、当然アサクサも持っていたので、4角では「あぁ獲ったな」って半笑いだったのですが(笑)
伸びなかった原因は何だったのでしょう?
あの皐月賞は何だったの?
1つには、返し馬以降の暴れぶりが原因なのでしょうか?ダンスインザムードが飛んだオークスを思い出すように、首を上下に振ってかなりイレこんでいました。
実際レース中も掛かっている素振りが見て取れました。
でも、能力でこれくらいは押し切れると思ったのですが、甘かったですね。
全く良い所がなく、直線では岩田騎手に押し込められるように全く力が入っていませんでした。

ボクが推していた2頭プラテアードとタスカータソルテも全く良さが出せませんでした。
やはり、ヴィクトリーが逃げて・・・という展開にならずにフサイチが思いのほか控えたなど様々な要因が重なって、この結果になったのでしょうね。
レースはやはり生き物です。難しいですね~

この結果により、3歳馬の序列がよく分からなくなってしまいました。秋に向けて再度組み立て直しが必要です。
ただ、牝馬に対しての考え方は間違えていたようです。やはり今年の牝馬はハイレベルでした。ウォッカ・ダイワスカーレット・ベッラレイア・ローブデコルテの秋の決戦を見たいですが、同じレースで顔を合わせなそうですね。

さぁ、競馬はまだまだ続きます。次の物語は安田記念。
また、荒れそうですね~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

the Dirby Day~日本ダービー予想UP

スカパー! レンタルサービス

↑ダービーを自宅で観戦するならグリーンCH。
調教VTR・厩舎、騎手コメントも聞けて予想に役立ちますよ。
ボクは馬の子TIMが楽しみですけど(笑)

にほんブログ村 競馬ブログへ ダービー・目黒記念とブッコ抜きましょう!!

競馬の祭典日本ダービーもいよいよ明日に迫りましたが、その前にまずは土曜日の予想の採点から行きましょう。

かなりの穴を狙った予想で行きましたが、結果は・・・
申し訳ございませんでした。ゴール前までは惜しいのもいくつかありましたが(泣)
まず、金鯱賞は期待のニホンピロキースがいい逃げを打ってくれました。
ゴール前まではあわや3着あるかという所まで行きましたが、5着とまり。惜しいッ!!

中京10R白百合ステークスは、◎オースミダイドウの単勝440円(3人気)は正直かなりおいしかったです馬単も3点で済み2850円ならまぁOKです。
残念なのは3連単で、ダイレクトキャッチが届かず4着。オースミダイドウ・コンティネント・ダイレクトキャッチでも1万以上はついていたので、そこが悔やまれます。
エサ指定のメイショウレガーロ。1番人気でしたがやっぱり飛んでくれました。
超大穴予想でいった東京11R欅ステークス、キネティクスは全く見せ場なしでした(汗)
ハズカシイです。。。
東京12Rのグランドハリケーンは完全に乗り違いでしたね。津村騎手は逃げてよく穴を開けていたので、今回も逃げを前提の予想だったのですが、3~5番手周りの競馬。
良さが全くでないままの惨敗なので参考外です。
津村騎手、次回の雪辱をお願いします。

今日の傾向をまとめて見ますと、千葉くん・穂刈騎手・柄崎騎手・津村騎手・小林淳一騎手と若手の活躍が目立ちました。丸太騎手は初勝利おめでとうございます!!
そして単勝2640円ありがとう(笑)
枠では6枠がかなり来てましたね。芝戦では6~8枠の好走が目立ちましたが、脚質ではやはり完全な先行馬強し差し馬でも、先団グループに上手くとりついてインを突いてこないと厳しいです。普通に大外回しでは2着までには届きません。
このお陰で、白アゴヒモ・マチカネノワキ(10人気)単勝4880円を獲ることができました。
勝ち方は、外枠からハナに立ちそのまま押し切っただけですので、明日も先行する騎手を狙った方がいいですね。
すなわち藤田騎手・白アゴヒモ・吉田兄などです。前走前に行ってない馬でも、よく逃がしたりするジョッキーなので、覚えておきましょう~
これは明日の馬券の組み立てにおいて最重要項目です。
ダートも同じく先行・逃げ有利です。オフィサーなど差し脚が強烈な馬でもやはり届きませんでした。

では、お待たせ致しました。いよいよダービーの予想に入りましょう。
1週間、考察をして来ましたので大筋はご存知の方も多いと思いますが改めて・・・

東京10R 日本ダービー GI 芝2400m

まず、オッズ見てビックリです!ウォッカのこの被り具合は何?
競馬新聞とかの印は全くついてないのに、ブログとかではウォッカの名前が結構目に付きます。ボクも抑えるつもりでいますけど、このオッズ見ちゃうとなぁ・・・
フサイチホウオーとの馬連が11倍。
ウォッカを買うというのは、正直今までの競馬の常識から考えるとかなりパワーの入ることです。なのに、リターンがこの配当ってのはかなりリスキー。
ただ、先日記入したように展開は間違いなく向くんですよね。これは3連単で購入するしかなさそうです。
もう1つのビックリはアドマイヤオーラの単勝12.7倍。乗り替り騒動がファンの不評を買ったのか?東京向きではないと判断されたのか、いずれにせよ1着は見限られたオッズ。
でも、馬連は7倍。微妙な心理が投影されてます。

では、展開を踏まえた最終考察をします。
今日の馬場を考えて、やはり先行馬・ラチをすくう馬が圧倒的に有利。馬券の組み立て上、これは絶対に外せないロジックです。
該当する馬はタスカータソルテ・ウォッカ・ゴールデンダリア・プラテアード・アサクサキングスです。
その中でも、飛び切り展開が合いそうな馬はやはりプラテアード。そして全く人気のないタスカータソルテでしょう。
この2頭についての考察は、「ダービーfesta5」で書いてますのでソチラを参考にして下さい。

あと、2番人気が弱いダービー。今の所はヴィクトリーとウォッカが微妙な線で競ってます。消える2番人気=皐月賞馬。という事でヴィクトリー、大丈夫か?
ただ、強い逃げ馬がダービーに出走した時は、ほとんど馬券に絡んでます。皐月賞でもあれだけビッシリ競りながら、あのキャリアのなさで踏ん張りました。
本線ではありませんが押さえは必要です。

後ろから行く馬達が3着までに突っ込んで来れるでしょうか?
今日の競馬を観た限りではムリですね。最初から決め打ち系のジョッキーには不利です。
横山ノリ騎手とかエビとか。
買えるのはその前列まで。ナムラマース・ヒラボクロイヤルあたりでしょうか?

◎フサイチホウオー
○プラテアード
注タスカータソルテ
△+ ウォッカ・ヴィクトリー・ヒラボクロイヤル
△- ゴールデンダリア・ナムラマース・アサクサキングス・アドマイヤオーラ

※馬券は3連単で先行馬を2着固定にして買います。馬連はプラテアード・タスカータソルテのみつくのでおさえます。

東京12R 目黒記念 GII 2500m

ダービーを当てて、ココも獲りたいところですが、またもや穴狙いです。
別にムリに探すワケぢゃないんですけど・・・どうしていつもこうなっちゃうんだろう(笑)
当然、前が有利という大前提を踏まえた上で予想をします。
そうすると、ポップロックとか心配になってきますよね。
トウカイトリックは安定した成績が評価されてますが、この枠も気に入らない。
天皇賞(春)では、馬場がギリギリ悪くないところを狙って突っ込んだファインプレーが光っていました。天皇賞が目一杯の仕上げで来て、きっとココは下降線かなぁと。
去年も確か同じパターンで目黒記念に出走し、1人気で惨敗した記憶が・・・

という中で、本命はアドマイヤモナーク。岩田騎手の内枠。いかにも突っ込んで来そうな雰囲気漂ってます。日経賞は直線狭くなったところを抜けてくるのにやや苦労していました。
相手はチェストウイングで。休養明けを叩いて3戦目。1枠1番を上手く利すればチャンス。

◎アドマイヤモナーク
▲チェストウイング
△ソーユアフロスト・ココナッツパンチ・チャクラ・メイショウオウテ・センカク


ちょっと狙いすぎかな?

他のレースもボチボチ

東京4R 3歳未勝利 芝1800m
◎サンライトプリティ
▲スズノライコウ
△ビービーファルコン・ダイワジェラート・ナムラシンドバッド・ジョーネンボー

東京8R 青嵐賞 芝2400m
◎オルドリーバ

東京9R むらさき賞 芝1800m
◎コパノスイジン
▲エイシンニーザン
△アクレイム・カフェベネエチアン・ダイアモンドヘッド

にほんブログ村 競馬ブログへ いつもご愛読有難うございます。良いダービーDAYになりますように!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まずは金鯱賞など・・・

スカパー! レンタルサービス

↑ダービーを自宅で観戦するならグリーンCH。
調教VTR・厩舎、騎手コメントも聞けて予想に役立ちますよ。
ボクは馬の子TIMが楽しみですけど(笑)

にほんブログ村 競馬ブログへ ←さあ、ダービーの予想公開がボチボチ始まりましたよ・・・

お楽しみのダービーは明日までとっておいて、今日は金鯱賞から行きましょう。
ちなみに、今日の予想もいつにも増して!穴指向です。
モチロン根拠あっての予想ですが、もし参考にされる方はそれなりの覚悟の程を・・・
て、言い逃れです(笑)
バシッと当ててラクにダービーを迎えたいッ!!

中京11R 金鯱賞 GⅡ 芝2000m

中京も今日は雨に見舞われています。明日がどれくらいの馬場状態になるのか今ひとつ読めませんが、先行馬有利で予想を組み立てます。
ただ、力の抜けた先行馬がいません。
人気どころはローゼンクロイツにヴィータローザ・スウィフトカレント。穴がありそうな馬達ですね。まぁまともなら、ローゼンクロイツなのでしょうが、ココで本当にくるだろうか?と疑問も・・・
中京記念のレコード勝ちが光ってますが、1枠1番で道中はジッと待機。4角こそ大外に出しますが、小回りコースで一瞬だけ大外に出したからといってそれほどのロスとは思いません。つまり、それほど厳しい内容のレースではなかったとみます。
ここは思い切ってニホンピロキースで行きます。
最近ようやくオープンにあがったオールドルーキーの6歳馬。しかし、クリスマスSではマツリダゴッホの0.1差2着。道頓堀Sはピカレスクコートの3着と、重賞ウィナー達といい勝負をしています。
彼のツレもここ数年で勝ちあがって皆オープンに行き、最後に残った彼もようやく追い付きました(天皇賞春で3着したストラタジェムや、インマイアイズetc)
新潟大賞典では積極的に動いた結果、最後はたれて0.4差の6着。その後ろの絶好のポジションから漁夫の利を得たヴィータローザよりも内容を評価します。

◎ニホンピロキース
○なし
▲スウィフトカレント
△タガノデンジャラス・マチカネオーラ・パッシングマーク・アドマイヤメイン・ローゼンクロイツ・シルクネクサス・ヴィータローザ

※どこも高配当だと思うので、抜けないように流しておきます。

中京10R 白百合ステークス 芝1800m

ダービーで考察したダイレクトキャッチがコッチに周りました。オースミダイドウとコレで堅そうです。コンティネントは、どうも安定感なく信頼に欠けますが。3番手とまりまで。
相手なりにしか走らないメイショウレガーロはエサ。むしろニュービギニングを久々に買おうと思います。

◎オースミダイドウ
▲ダイレクトキャッチ
△ニュービギニング・コンティネント

中京12R 1000万下 ダート1700m

内の2頭が人気被ってます。が、危なそうな予感。ダートのインコースってのは難しいですからね~。前走全く競馬をしないまま惨敗したゼンノパルテノンから行こうかともおもったのですが、これは相手にとどめました。
狙うのはエアデルソール。休養明け3戦目の前走は、中々に見所ありました。
ダートの先行馬で外枠の差し馬狙いはボクのセオリーなので、ここから行きます。

◎エアデルソール
▲キングトップガン
○ゼンノパルテノン
△アグネススピリッツ・ゴールドイモン・トーアセンヒメ・シゲルダンプウ

東京11R 欅ステークス ダート1400m

大荒れ警報が鳴り響いてます。差し脚自慢が内枠を引いてしまいました。これは馬群の処理が大変です。内に突っ込んで伸びきれるでしょうか。本当はオフィサーを買おうと思ってたのですが、枠と騎手を見て一気に不安が・・・
さぁ、超大穴行きます。
キネティクス  キタ━━━━ヽ(・∀・` )ノ━━━━!!!!
別に無理したワケではないんです。いや、チョットはしてるな(笑)
ダートで3戦してますが、去年の9月30日のシリウスSを見て決めました。
再三の不利にも関わらず、最後まで伸び続けるあの脚!
富士Sの時のように16人気1着と穴を開けて欲しいです。
本当は勝浦騎手が良かったのですが、ムラマサノヨートー以降、何かキッカケを掴み始めたのかポチポチ来始めた(気がする)小林淳一騎手に期待。
マリーンSでの不利があったミリオンベルがあいて筆頭です。

◎キネティクス
○ミリオンベル
▲オフィサー
△アンクルリーサム・ボードスウィーパー・ゼンノストライカー・チョウカイロイヤル・トロピカルライト・トウショウギア・トーセンブライト・ダンディズム


※抜けたらシャレにならんので、多めに流します。

東京12R 1000万下 ダート1600m

東京コース得意・逃げ先行が得意な津村騎手という条件が揃ったグランドハリケーンを。
白アゴヒモのクレヨンルージュは、前走1人気を裏切りましたが、直線抜かれたら普通はバタっと行くものですが、そこからまたもう一度抜き変えそうとしていました。
これは力のある翔子です。
リバースモード・デュヴァルが来たら諦めで。

◎グランドハリケーン
△クレヨンルージュ・ヴンダー・メジロラルゴ・リバースモード・デュヴァル

にほんブログ村 競馬ブログへ ←キネティクス、一発やらかしてくれないかなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ダービーFESTA★その5~枠順発表~

スカパー! レンタルサービス

↑ダービーを自宅で観戦するならグリーンCH。
調教VTR・厩舎、騎手コメントも聞けて予想に役立ちますよ。
ボクは馬の子TIMが楽しみですけど(笑)

にほんブログ村 競馬ブログへ ←上位陣の皆さん、面白い予想してますね・・・

枠順確定しましたね。
天気もそれほど悪くならなそうです。日曜日にはやや重~良になりそうな雰囲気です。
各馬の枠順を踏まえて、展開を考えながら感じたこと。

伏兵馬が楽なレースを出来る枠を引いたなぁ-これがファーストインプレッションです。

ピンクカメオで抜群の騎乗を見せた四位騎手のウォッカが、今回も内ピッタリの好位を運べるベストポジションを引き当てました。
ウォッカは買うつもりはないのですが、これは困ったことになりました。
正直、先週のオークスでも一瞬ピンクカメオにキモを冷やしましたからね・・・
馬券、抑えることになりそうです(泣)

そして、ボクの一番期待している超穴馬プラテアード。スッと内に切れ込んで、3~4番手のインコースを取れる最高の枠です。
ただ、ダービー自体は4枠・5枠は最低の連対率なんですけどね(笑)
直線でラチ沿いをスルスル走って2~3着をやってくれそうな雰囲気を感じます。

更に、タスカータソルテ。武豊騎手の引きはまだまだ強いですねぇ。
ここで1枠1番を引けるなんて、やっぱり強運の持ち主です。ため息ついちゃいます。
NHKマイルCでも最内枠に突っ込んで、あわやと一瞬思わせたあのコース。
人気の2頭が外枠を引いた為、ラチはそれほど込み合わないでしょう。残り100mで一気に抜け出てくる可能性がものスゴク高い!

アドマイヤオーラ・フサイチホウオーがよりにもよってお隣同士。
こういう並びになるなら、アドマイヤオーラには武豊騎手に乗って欲しかった(無念)
アドマイヤベガが勝ったダービーのように、仕掛けをギリギリまで遅らせての得意の騎乗がきっと見られたはずなのに。
岩田騎手はモチロンS級ジョッキーなので心配ないのですが、この並びならだと、逆にマークしすぎて自滅する可能性もありますよ。
本当は、離れた枠で違うコースから抜け出て欲しかったのですが、ここでは恐らくピッタリマークした騎乗をしますよね。
アドマイヤオーラは、良い脚が長く使えるのかなぁと思っていたのですが、何回も何回もレースを繰り返し観ていると、どうもそう思えない節もあるんですよね。考察が覆ってしまって申し訳ないのですけど・・・
フサイチホウオーが強すぎるが故に、付いて行き切れないのではないかという気がしてきました。離されてしまってバテバテになり、沈む場面が思い浮かんでしまいます。

ヴィクトリーは、8枠。いつもテンは早くないので、それほど問題ないでしょう。ジワーッと前に出ていくだけで、逃げ馬なんて不在なので不利は全くないと思います。

と、いう事で、1回目の考察で書いた「アドマイヤオーラの馬単」は却下になりました(笑)
トビそうな予感がビンビンしてます。
ポイントは内をすくう好位の馬達!3連単をここに充てた馬券を組み立てようかなと考えています。
詳しい印は明日以降です。

上位にいる競馬サークル内の方の予想、面白いですね。
ボクらの知りえない角度からの話なので勉強になります。ただ、情報過多になりすぎますので、ボクはあくまで自分の目で見て判断したいと思います。
でも、参考にはなりますね☆

にほんブログ村 競馬ブログへ ←という事で、ご確認される方はコチラへ。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ダービーFESTA★その4~weather report&data~

スカパー! レンタルサービス

↑ダービーを自宅で観戦するならグリーンCH。
調教VTR・厩舎、騎手コメントも聞けて予想に役立ちますよ。
ボクは馬の子TIMが楽しみですけど(笑)

にほんブログ村 競馬ブログへ 一緒にダービー当てましょう!!応援クリックをお願いします★

第4回目ってもうすぐダービーですよ。
ダービーは金曜日からの発売だから、明日枠が確定します・・・この時点で大枠が決定しますね。
今日は、当日の天候から馬場状態を仮想して傾向を探ってみます。

今の段階では金曜から雨が降り、土曜の午後から夕方にやむらしい。
って事は、恐らく重~やや重ってトコでしょうか?

日本ダービー、やや重以上の馬場でのレースをピックアップしてみます。

1998年
スペシャルウィーク  1人気
ボールドエンペラー 14人気
ダイワスペリアー   15人気    セイウンスカイ・キングヘイローが吹っ飛び

2001年
ジャングルポケット  1人気
ダンツフレーム    3人気
ダンシングカラー  11人気     クロフネが惜敗

2003年
ネオユニバース    1人気
ゼンノロブロイ     3人気
ザッツザプレンティ   7人気    サクラプレジデント・サイレントディールが飛び

2006年
メイショウサムソン   1人気
アドマイヤメイン    4人気
ドリームパスポート   7人気    アドマイヤムーン・フサイチジャンク揃って飛び

1番人気堅実ですね(笑)
ってもしかして良馬場の年ってどうなの?

1990年~2006年 良馬場の年の人気別データ 3着入着回数

1人気    13回(構成比33.3%)
2人気     5回(構成比12.8%)
3人気     7回(構成比17.9%)
4人気     2回(構成比 5.1%)
5人気     2回(構成比 5.1%)
6人気以下 10回(構成比25.6%)

・・・ピンと来ね┐( ̄ー ̄)┌

1990年~2006年 良馬場の年の着順別人気

2005年 1人気・2人気・7人気
2004年 ・5・
2002年 ・6
2000年 3・・6
1999年 2・
1997年 6・
1996年 7・・9
1995年 ・2・8
1994年 ・4・10
1993年 ・2・
1992年 ・16・5
1991年 ・2・4
1990年 ・12

1番人気強っ!!1回しか連対外してない・・・それもメジロブライトって微妙な1人気。
1番人気勝ってりゃ当たんぢゃね?ってレースです。何か考察とかいらなそう(泣)

逆に2番人気弱いですね。
以下に消えまくった2番人気を列挙します(馬場状態問わず)。
2006年 フサイチジャンク  皐月賞2人気3着
2004年 コスモバルク    皐月賞1人気2着
2003年 サクラプレジデント 皐月賞2着
2002年 ノーリーズン     皐月賞馬
2001年 クロフネ
2000年 ダイタクリーヴァ  皐月賞1人気2着
1998年 キングヘイロー   皐月賞2着
1997年 ランニングゲイル  皐月賞2人気6着
1996年 ロイヤルタッチ   皐月賞1人気2着
1994年 ナムラコクオー  
1992年 ナリタタイセイ   皐月賞馬
1990年 ハクタイセイ    皐月賞馬

連対した2番人気は?
インティライミ
アドマイヤベガ
ジェニュイン
ビワハヤヒデ
レオダーバン

おおぅ、結構分かりやすい。連対した2番人気馬は、いかにも来そうなラインナップですね。約1頭を除いて(笑)
一方、消えた2番人気は、皐月賞馬・皐月賞1番人気で惜敗馬・皐月賞2着馬と傾向がハッキリしてます。名前を見ても、コイツが何故2番人気?って馬が多い!
という事で、チョット俯瞰して見ないとイケナイかも知れませんね。
今年の2番人気の馬が、半年経った時に本当に2番人気の価値があるだろうか?と。
難しいことですけど、クラシックではボクはよくこの考え方をします。
今年の2番人気は多分アドマイヤオーラですよね。それともヴィクトリー?
人気確定した時点でブログにUPしましょう(笑)

それから、3番人気の方が好走してますね。
つまり、皐月賞の実績及び、皐月賞時の人気を引きずって2番人気に押し上げられた馬より、ダービー直近の実績で人気になった好調馬の方が連対しやすいという事ですよね。
ただ、1着は2回しかありません。アグネスフライトにアイネスフウジンです。
こうやって分析すると、ダービーの馬券が当て易い原因が良く分かりますね。

そうそう、ここで話を大~きく戻しますよ(笑)
やや重以上の馬場状態ではどうか?というまとめです。
例年より荒れてますよね。唯一ダービーが獲りにくく、また配当的に楽しい年だという事です!
馬場が悪くなると、前で残るのが難しくなってますね。
ただ、力がある馬なら克服してます。アドマイヤメインのように。
ご存知のようにアドマイヤメインは菊花賞3着馬です。
でも基本は、外回しの追い込み馬です。内馬場が荒れる為、各馬外を回して来ます。
ジャングルポケット・スペシャルウィークも大外です。2着場もボールドエンペラー・ゼンノロブロイ・ダンツフレームと外を伸びて来ています。
ネオユニバースでさえ、馬場のど真ん中を付いて来ているので、先行馬よりも外を回す差し馬が有利になります。
重以上に悪くなったら、ヴィクトリーの評価を若干下げて、ダイレクトキャッチやタスカータソルテ・ナムラマース・ヒラボクロイヤルが2着後方として有力になって来ます。

もうこれで8割方、ダービーの馬券は決まりましたね。後は枠番発表を待つばかりです。
ダービーともなると、各馬仕上がって来るのでそんなに調教とかも気にはしません。
むしろ気にするのは、当日の松田国厩舎の東京帯同馬です。
晴れの舞台なので、きっとゲンを担ぐと思います。
フサイチホウオーで勝負かけてる厩舎ですから、勝ちに「アヤ」が付かないような馬しかつれて来ないはずです。
年に一度の「晴れの舞台」ですからね。注目をしたいと思います。

にほんブログ村 競馬ブログへ クリックありがとうございます!微妙に順位あがってました★
でも、内容に共感できた方だけでいいですからね!
結果を出せば、おのずと付いてくると思いますので・・・でも上の方にいる方が気分いいでしょうね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ダービーFESTA★その3~Third party~

スカパー! レンタルサービス

↑ダービーを自宅で観戦するならグリーンCH。
調教VTR・厩舎、騎手コメントも聞けて予想に役立ちますよ。
ボクは馬の子TIMが楽しみですけど(笑)

にほんブログ村 競馬ブログへ 一緒にダービー当てましょう!!応援クリックをお願いします★

さあ、いよいよ待望の穴馬発見third partyの考察です。
ダービー考察2回目に描きましたが、今回のダービーは絞って買うのが難しいと考えています。それは、今回触れる穴馬達のためです。

気になる馬その①がダイレクトキャッチです。
クラシックでは特に新馬戦の内容を重視する僕には、この馬は特別光って見えます。
東京の1600m戦、行き脚が非常に悪いのに直線だけで大外を差しきる強さ。しかもこの10月29日というのは、天皇賞でダイワメジャーが押し切った追い込みが効かない馬場状態です。
ホープフルS、京成杯と惨敗。小回りコースでアッサリ負けてるところがまた府中向きを強く感じます。
続く共同通信杯の2着で再び抜群の内容を見せました。後方追走から大外に出してあわやフサイチホウオーを交わすかの惜敗。この日も前残りが強い馬場です。
休養挟んでNHKマイルCは見せ場なしの10着。ここでまた惨敗してくれたのがいいです。
全く人気しないでしょうからね。
鞍上に誰が乗るのか興味があります。北村騎手がここのところ手綱をとっているのですが、実は北村騎手には藤沢厩舎のこの馬がいます。

それがプラテアードです。
プリンシパルSを2着して出走件を確保。ゴールデンダリアに負け、安いメンバーでの2着と何の価値もなさそうです。しかもゴールデンダリアには山藤賞に続き2度目の2着。
ゴールデンダリアは買いませんが、プラテアードは買います。やりようによっては、馬券に絡む可能性は非常に高いと思っています。
4月29日の平場500万下1着。いくら500万下とは言え、全く追ったところなしで0.4差の楽勝です。
そしてプリンシパルS、ここでも直線坂を上ってもまだ追わない。ジッとしたままです。
追い始めたのは、ゴールデンダリアが既にスピードがついて外から交わしにかかった所。そこからアクセルを吹かしても、向うはもうトップスピードなのでさすがに届きません。当日レースを観ていて、「なんちゅう馬や!」とビックリするくらいインパクトは大でした。
人気薄の藤沢厩舎・東京巧者。もしインコースを引いたら、相当食指が動きますね

皐月賞で大きな不利を受けた馬が2頭います。
ココナッツパンチフライングアップルです。ココナッツパンチは弥生賞の鬼脚から、皐月賞で4人気と評価されてました。しかし、2頭ともフサイチホウオーが4角外に出す時に大きく振られてしまいます。
ココナッツパンチはあきらめずに追いますが9着。上がりは34.5。
弥生賞の脚が目立ちすぎた過剰人気かも知れません。
また新馬戦を見てみましたが、1着しているものの強さが伝わって来ません。
大外を追い込んで来て、5~7着くらいでしょう。
一方のフライングアップルは、レースを完全にやめてしまいました。13着は参考外です。
東京コースは共同通信杯が3着・東京スポーツ杯2着と実績があります。
スプリングSは上手くラチ沿いをついての1着。ベストな騎乗がハマッた結果です。
唯一気になるのは、横山ノリ騎手です。無欲のドン尻ポツンからの末脚勝負は、彼のオハコですからね。それで数々穴をあけています。そこだけが恐いですが、基本はケリです。
同じような脚質のドリームジャーニーはどうでしょう?
弥生賞・皐月賞と直線だけの競馬をして3着と8着。皐月賞は展開が向かなかったのでしょうがないでしょう。ただ、今回も展開が向くとは思えません。
いいとこ3着。ヒモ押さえを一応しようかな程度です。

タスカータソルテについて触れていませんでした。京都新聞杯では単勝にガツンと入れた馬です。馬単7860円と3連複26420円をプレゼントしてくれました(馬券の写真UPしてます)
ユタカ騎手騎乗で多少人気するのかも知れません。
京都新聞杯の時に触れたように、それまでの敗因がハッキリしている馬です。
弥生賞は大外をただブン回すだけの競馬で7着。毎日杯では前がつまって直線追い出せず8着。そして、京都新聞杯は、直線大外に出して余裕の1着。
馬の成長度合いを感じます。毎日杯で前が塞がらなかったら、ヒラボクロイヤルと良い勝負だったと観ていますので、ここでも馬券圏内だと思います。
ジャングルポケットに母系がノーザンテースト=社台ファーム生産馬で所有も社台ですから、期待されていた馬です。1月の福寿草特別で、馬なり0.7差圧勝という片鱗も見せており、押さえは絶対必要だと思います。
ただ、単とかは無理でしょう。上手に乗って3着。神掛かって2着(笑)

ナムラマースは今回全く人気にならなそうです。皐月賞は5人気でしたが、ドン尻グループで常にコーナーを外々と周るロスのある競馬。直線も大して伸びず11着。
大して見所もなさそうですが、アドマイヤオーラとは0.7しか差もなく、あれだけロスがあれば伸びなくてもやむなしと感じます。
皐月賞はちょっと後ろから行きすぎた感が強いので、もうちょっと前で競馬すれば2着争いは十分ではないでしょうか?重馬場実績もありますし、非常に恐い1頭だと思います。

あとは、当日の天候と馬場をどう読むか?がポイントになってきますね。

にほんブログ村 競馬ブログへ 一緒にダービー当てましょう!!気に入ってくれた方、1ポチお願いします★

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ダービーFESTA★その2~第2勢力~

スカパー! レンタルサービス

↑ダービーを自宅で観戦するならグリーンCH。
調教VTR・厩舎、騎手コメントも聞けて予想に役立ちますよ

にほんブログ村 競馬ブログへ 一緒にダービー当てましょう!!応援クリックをお願いします★

今日は第2勢力の分析に行きたいと思います。
今回のダービーはオークス同様に伏兵陣が多彩で、馬券を絞るのは難しそうです。

では、まずはヒラボクロイヤルから。
青葉賞の勝ち方が良かったですね。まだ、先行逃げ切りが有利な4月28日の芝コースで、中団後ろから大外に出して追い込みきっての1着。ポテンシャルの高さを証明しています。破った相手が1枚堕ちるので、大きい事は言えませんがメイショウレガーロが4着だった事を物差しにすると、馬券圏内は十分かなと思います。
メイショウレガーロは皐月賞5着・弥生賞4着・京成杯2着と、力なりにはいつも走る馬です。それを力で完封したという事実を認めたいと思います。
また、3月10日のゆきやなぎ賞のレース内容は抜群です。毎日杯では重馬場の中2着と適正を示しています。
カワカミプリンセスで苦渋をなめた幸四郎騎手が、脚を溜めた競馬で一発を狙えばあるいは・・・と思わせるだけの力はあります。ソングオブウインドの菊花賞を思い出しましょう。
人気薄の幸四郎騎手は押さえとしては絶対必要です。

サンツェッペリンはどうでしょう?皐月賞は15番人気でよもや1着という激走。
この馬の取捨には悩みますよね。スプリングSでの8着で一気に人気を落としていました。
ですが、スプリングSは後ろから行ったレースなので参考外とみていいでしょう。
その前の京成杯1着は逃げ切り。その前のホープフルS2着は見所十分。
地力で早めに外を進出し、前を裁ききった所で後ろからの馬に出し抜けをくう形。負けはしましたが内容は良かったです。
そして、東京で走った百日草特別2着。ここも外を周っての地力のレースをしています。
つまり、決してフロックでの大激走ではなかった事が分かります。
ただ、皐月賞は12秒台のラップで緩みなく行った前残りの展開。前を行った2頭に35.9とかの脚で行かれては、後ろの馬はとても届かないですよね。
今回はそんなにほって置かれる事もないでしょうし、展開は厳しくなる事は疑いないですね。松岡騎手の事ですから、思い切って逃がしたりとかもありえると思いますがボクは今回はキリで行きます。
ヴィクトリーより前には来ないのではないかと判断し、馬券からは外します

いよいよウォッカです。困ったもんですねぇ、どう扱っていいものやら(笑)
物差しをいくつか見つけて考察してみます。
まず、今年の牝馬は牡馬よりも強いのではないか?という事です。
ピンクカメオがNHKマイルCを制しています。また破った相手がローレルゲレイロと牡馬のそこそこ一線級ですからね。
ダイワスカーレットは、中京でアドマイヤオーラに完勝しています。
そして、オークスの2:25.3という脅威のレコードタイムは、ダービーと比べてもキングカメハメハ・ディープインパクトが出したダービーレコードについで早いものだという事です。

ただ、オークスに今回のダービーのトップグループが出ていたら、もっと早いタイムで勝っていたでしょう。スマートストームの作った異常に早いペースがレコードの原因でしょうから、単純に牡馬に勝てるかというと違う話です。
この時期は特に成長も著しいですから、2歳~3歳の早い段階では勝負になっていたとしても、今の時期で2400mのレースでとなると相当厳しいです。
ダイワスカーレットも結局アドマイヤに完敗しましたからね。ピンクカメオも、先行馬総つぶれの流れがハマッタのはゆるぎない事実だと思います。
以上の事から、ウォッカについても切ります。一瞬見せ場は作るとは思いますが、途中で止まってしまうでしょう。

にほんブログ村 競馬ブログへ 次は伏兵そろいのthird partyから穴馬の紹介です★

| | コメント (0) | トラックバック (2)

年に一度のお祭りWEEKのスタート

スカパー! レンタルサービス

↑ダービーを自宅で観戦するならグリーンCH。
調教VTR・厩舎、騎手コメントも聞けて予想に役立ちますよ

にほんブログ村 競馬ブログへ 一緒にダービー当てましょう!!応援クリックをお願いします★

さあ、楽しい1週間の始まりです。
ダービーとなると、やっぱり予想にも気合が入りますよね。
2003年以降、毎年本線でビシッと当ててるんで、今年も決めましょう。

今年のポイントは、Cコース2週目と雨模様ですね。

また、例のごとく各馬のレース内容をもれなくチェックしてみました。
結構ヒマですね、ボクも・・・(笑)
一応、フサイチホウオー触れますか?触れる必要もなさそうなんですけど・・・
皐月賞は誰が見ても負けて強しですよね。
そもそも皐月賞は、追って届かないだろうなって予測付きましたよね。1枠引きましたし。
狙ってるのもダービーでしょうし、ローテーションからもダービー狙いは一目瞭然です。
重馬場を苦にするとも思えませんし、東京コースでの部類の強さは証明済みです。
アンカツ騎手も東京コースは得意でしょう。キングカメハメハ、ダイワメジャーと同じ乗り方で何の問題もなしです。

皐月賞馬ヴィクトリーはどうでしょう?この馬強いですよ
皐月賞はキャリアのなさから人気薄でしたけど、決してフロックの皐月賞ではありませんでした。テンの脚はないのですが、緩みのないペースで走り抜く力があるので、最後までタレません。
新馬戦も途中からハナに立ち、そのまま持ったままの押し切りで圧勝。2戦目はフサイチホウオーに屈しますが、地力で競馬をした内容は評価できます。
東京コースは走った事がありませんが、ブライアンズタイムに母系がトニービン・・・
御見それしました(笑)
今回は何番人気くらいでしょう?フサイチ・アドマイヤ・ヒラボクorヴィクトリーくらいの順番でしょうか?
東京コースでどこまで粘れるか?が焦点ですが、強い逃げ馬が出走している時は、大抵馬券になってますよね。
古くはアイネスフウジン、ミホノブルボン、サニーブライアン、インティライミ、アドマイヤメイン。逆に沈んだ馬の方が少ないくらいです。オーバーペースにつきあって、早々に沈んだコスモバルクと、キングヘイローの乱ペースに良さが全く出なかったセイウンスカイくらいではないでしょうか?
そんな事から、ヴィクトリーが馬券圏内に絡むのはほぼ確定かな?とも思うのですが、1つ懸念が・・・
東京コースのアンカツ騎手って、あんまり後ろから来ないんですよね。
外を周って、割と先団orその後ろ辺りに居るんですよ。。。
今回もきっと後ろからは行かずに、割と早い内に前に来てると思う。というか、後ろからはいかないと見てます。
そうすると、直線入って早い段階でフサイチホウオーと競り合う形になります。
最後まで持ちますかね(汗)・・・不安です。

アドマイヤオーラ、問題の馬です。乗り替り騒動もあり、岩田騎手も相当なプレッシャーかかっていますよね。今回、人気を落として狙い目ではあります。
新馬戦が秀逸でした。たいして追ってないのに、離しての圧勝。
シンザン記念は正攻法の競馬で圧勝。弥生賞も問題なし。皐月賞ではヘタ打ちましたね。
スタートが合わず、後ろからの競馬。この時点でアウトです。
大外に出したフサイチホウオーとは対照的に、真ん中にツッコんで離された4着。
この4着が良かったですね。ビュンと切れないカンジ(笑)
でも、上がりは33.9でフサイチホウオーと同じなんですよね。位置取りの差でしょう。
そのジワッっとしか伸びない脚。長く脚が持つタイプなのでしょうか。
皐月賞ってそもそも武豊騎手にあまり向いてないですよね。思い切った競馬をする騎手なので、届かないケースが多いです。
勿論、エアシャカールやナリタタイシンなどで勝ってはいるのですが、本質的には向いてないと思います。
だから、照準はダービーだったハズなんです。でも、去年のアドマイヤムーンで失敗し、ダービーでは前が塞がり、天皇賞・秋でもまた前が塞がり、ドバイでも届かなかったと、やりすぎちゃったのがよくなかったですね(笑)
なので、アドマイヤオーラの皐月賞は参考外です。勝負付けは済んでいません。
アンカツ騎手が早めに動く分、内をすくって出し抜けを食わせる可能性は十分にあります。馬単は絶対買おうと思っています
タニノギムレット、スペシャルウィーク、ウィニングチケット、ジャングルポケット等、皐月賞敗戦からダービー1着は前例だらけです。

明日は、第2グループの馬達を分析してみたいと思います!

にほんブログ村 競馬ブログへ 最近は、見に来て頂ける方も増えております。良かったら皆さんの見解もコメントして下さい★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

レース回顧~オークスWEEKも終って

スカパー! レンタルサービス

↑ダービーを自宅で観戦するならグリーンCH。
調教VTR・厩舎、騎手コメントも聞けて予想に役立ちますよ

にほんブログ村 競馬ブログへ 一緒にダービー当てましょう!!応援クリックをお願いします★

今日の流れを振り返って見ると、まず枠では4枠と8枠が炸裂しまくっていました。
騎手は昨日同様藤田騎手が大暴れ。3勝2連対を果たしています。
今、関東のレースにおいて、決して外せない騎手ですね。外敵がほとんどおらず、ぬるま湯状態の関東のトップジョッキーには是非奮起して欲しいところです。
芝の状態は、思ったよりも悪化せずやはり1~3コースが有利。ラチをすくって差して来るのが有効な馬場でした。

さて、そういう流れを踏まえて今日も勝負をしたワケですが、オークス前に弾みを付けるはずの東京7R・8R・9Rで予想外の馬が突っ込んで来てしまいました。

まず7R-◎のジークエンブレムが発汗しており、パドック気配サイアク・・・
仕方なく、▲のマイネルパシオンからの馬券も抑えました。
結果は、やはりジークエンブレム吹っ飛び。藤沢先生、相変わらずやってくれます。
マイネルパシオンも3着止まりでハズレてしまいます。

東京8Rは、パッションレッド・ランペイアが能力的には抜けています。
ただし、2頭とも後ろから行く馬です。もし、この2頭が来れるようならベッラレイアでも届くだろうという最終的な物差しにするレースでした。
これだけ力があっても届かないような強力な馬場特性なら、ベッラレイアは3着固定の3連単にするか、3連複にするしかないな・・・と。
結果は、パッションレッド2着・ランペイア3着と何とも微妙。
1着は、昨日から人気を裏切っていた藤沢厩舎の人気薄。なるほど・・・藤沢厩舎を買うなら確かにこういう時だ、と反省したのですが、大きく勝負してしまい3連複も獲り逃し。
もちろん馬連もハズレです。

よもや8Rを外すとは思わなかったのですが、気を取り直して9R日吉特別です。
しかしココも◎ボーナスフィーバーの追い込みが3着と届かず。
▲ゼンノコーラルは内にツッコミますが、馬群の処理に手間取り4着・・・
しかも、内容が薄いと評価を低くしていたカリオンツリーが1着!!
藤田騎手に逆らったボクが未熟でした。スミマセン。。。
2着の松岡騎手パピヨンシチー。この馬自体は拾っていたのですが、GI勝って勢いに乗るかと思いきや、取りこぼしのレースが多いですね。
まぁ最も、最後方からしかいけない馬での1番人気が続いたのですが、全部沈んでしまいました。
替りに、人気薄の馬をラチ沿いから突っ込んで2着に持ってきてはいましたが、チョット安定感にはまだ欠けるのかな?という印象です。

勝負レース全部カスリで、しぶしぶ10Rは休養し頭をリフレッシュ。◎のドラゴンウェルズが1着に来て「アカン」とも思いましたが、2着がやっぱり抜けていました・・・

昨日がエライ堅いレースが続いていたので、今日は荒れるだろうと思っていましたが、単勝の配当が
1480円、1820円、3650円、6290円、18330円、3470円、3650円と高配当のレースが多く、通常の発想+ひと捻りが必要な1日でした。
麻雀をやる人なら分かりますよね。
配牌はシュンツなのに、ツモがトイツ系とか。こういう日も工夫しないと当たり牌を掴みまくったり大負けします。
前半で単勝3650円を当てたのですが、その貯金もあっという間に消費して東海Sへ。
◎シャーベットトーンが理想的なレースをしたのですが、最後タレてしまい3着
最終的に△を消して無印にした小牧騎手ワンダースピードが2着にツッコミ3連複もパー。メイショウトウコンは馬群裁けず届かないと踏んだのですが、幸四郎騎手お見事でした。

意気消沈した中でのオークスです。
ベッラレイアの1着を信じていた月曜日が嘘のように、ザレマのプレッシャーに負けそうです(笑)
あの馬場で1着はきついかなぁ・・・ただ、連対はほぼ堅いだろうとは踏んでいました。
オークスでここ10年以上、4枠が3着にすら来たことないらしいですが、今日の4枠の大量連対から、全く心配ないとポジティブに切り替えました(笑)。
ナリタトップロードは既に他界しており、産駒に限りがあること。サイン的な考え方になってしまうのだけど、朝の1Rに4枠7番ナリタトップロード産駒が出走(負けましたけど=笑)、最終レースの4枠が出走取り消し・・・と4枠に関する異常性を妙に感じていました。
何より、能力的にはズ抜けていると自分の目で判断しているので、後はそれを信じるしかないですもんね。
問題は、どうやって勝ったら儲かるんだ?という事。
馬連はどこも低配当。今回絞って買えないだけに、どこが来てもソコソコしか儲からない。3連複も同様です。
と、言う事で1着になる可能性のありそうな馬との3連単と馬単で行こうと決定。
ローブデコルテ・トウカイオスカー。ミンティエアーは1着までは無理かな。カタマチもレースはし易いけど、1着はない・・・
そんなカンジで購入したのですが、レースは想像と全く違いましたね~
皆さんもそうでしたよね?
まさか、あんな良いスタートを切って好位に付けられるとは!
あ、これでザレマは完全に食えるなと安心しましたが、結果この展開がカタマチボタンにも不向きになってしまいましたね。
ベッラレイアがまとめて先行勢を裁いてしまったので、後は差してくる馬がどれかという焦点。
ピンクカメオの四位騎手はほぼ完璧に近い騎乗でしたが、惜しむらくは坂で前が塞がってインに切り込んだこと。非常に狭く、ゴチャついていました。
ピンクカメオの力を改めて確認できましたが、それと共にNHKマイルのイクスキューズの横山騎手に対して再度イラっとさせられました(笑)
馬券的には、ミンティエアーが3着だと1番額を持っていたのですが、ラブカーナ・・・
菊沢騎手、ガンバリました。
昔から言い続けた菊沢騎手-外枠-人気薄が実証されました。
特にダートで穴をあける事が多いので、覚えていて損はないと思います。
ベッラレイアの秋山騎手も惜しかったですね。ほとんど手中に収めていたのですが・・・
結果論的に言えば、前の裁きが早すぎたのでしょうね。GIの舞台で1番人気仕方がないです。とりあえず、能力の高さを披露してくれたのでボクは満足です。
秋山騎手には、秋に雪辱を期待します。
ザレマは・・・まぁあんなものでしょう(笑)何て言うと怒られちゃいますね。
やっぱり大外枠はキツイですよね。ましてや、ベッラレイアに真後ろに付かれてはもうどうしようもないですよ。
今回、押し出されるカンジでの過剰人気だったので、まぁ妥当だとは思います。
器用な馬なので、また開幕週のTRとかでは狙いたいです。
ウォッカの回避-ダイワの直前回避とバタバタがあったオークスWEEKがようやく終りました。ダイワ・ウォッカ・ベッラの決着は秋に期待しましょう。

さて、またダービーの予想を始めなきゃ!!

にほんブログ村 競馬ブログへ いよいよダービー。予想の励みになりますのでぜひ1クリックを★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

結果速報っす

Photo_19 オークス、どうにか引っ掛かりました・・・
でもつかないですねぇ。
3連単57000円。渋いです(泣)

皆さんは獲れましたか?
今日は他のレースで良い結果が出せずにご迷惑をお掛けしましたが、オークスで何とか取り返す事が出来てホッとしています。

にほんブログ村 競馬ブログへ ←良い結果が出せた方、愛の1ポチをGIVE ME!!

| | コメント (1) | トラックバック (3)

明日の勝負レース②~オークスいっちゃいましょう!

スカパー! レンタルサービス

↑グリーンCH観るなら、スカパーレンタルでチューナー+アンテナ無料!!
 レースリプレイ・調教VTR・調教コメント等、役立つツールが一杯。

にほんブログ村 競馬ブログへ 今日は中々のヒットでした★元気の源スイッチオンお願いします(笑)

バラバラ小出しになりますがようやっとオークス行きましょう!!

東京11R オークス 芝2400m

週頭からいろいろ考察して来ているので、大筋は変わりません。問題なのは当日の芝コンディションだけです。
ここでは、「後ろからで届く」というスタンスの基に行きます。

調教が目一杯できない-ローテーションが厳しい-時計が遅い-上がりタイムもそんなに目立たない-馬群を秋山騎手が裁けるのか・・・
と、色々言われていますが、やっぱりベッラレイアから行きます。
ただ、1頭軸ではなくて少々捻ります。
相手筆頭はカタマチボタンです。東京コースでの実績。前に付けられる器用さ。鞍上の充実度。どれをとっても抜群です。
1着の逆転がある1頭としてはローブデコルテ。伸びる脚はあるが、距離が足りず泣いていた感が強く、いかにもオークス向きっぽい。1枠2番も、今の馬場には最適だろう。
恐い馬が2頭、ミンティエアー。キャリア浅いが、底を割ってない。1発感十分。
トウカイオスカー。これもオークスにいかにもはまりそう。鞍上も魅力。単も場合によってはある。
そして、いまのところ超大穴2~3着候補として考えているのが、ウィンナワルツ
1勝馬が抽選を掻い潜って出走。新馬戦は不利あって惨敗。
人気落とした2戦目は、出遅れから大外をアッサリ撫で切った。君子蘭賞も出遅れてドンジリから大外に出し、そこで更に前の馬と進路が被った為外にもう一度持ち出す。それでもスゴイ脚を使った。
フローラSも後方13番手から。直線大外に出して10着-と聴くとたいした事ないが、1.1差しかなく、勝ったベッラレイアはともかくミルクトーレル辺りとは0.6差しかない。叩いて3戦目、無欲の騎乗でズドンと突っ込んで来たら・・・いいな(笑)

ザレマはやっぱり軽視します
忘れな草賞は1枠からスンナリ先手。あざみ賞は11枠で外まわされて3着。3月4日500万下1枠で全くロスのないレースをしたにも関わらず2着。
ラクな競争をして出た結果が過剰に評価されていると判断します。
今回、大外枠スタート。中途半端な位置で外を周って地力勝負に引きずり込まれて泳ぐと見ます。

◎ベッラレイア
○カタマチボタン
▲ローブデコルテ
注ミンティエアー
☆ウィンナワルツ
△+ トウカイオスカー
△ミルクトーレル・レインダンス・ラブカーナ・ザリーン


馬券は、カタマチからやローブの馬単・ウィンナワルツの3連複あたり、トウカイの単とかまで手広く行きます。結構お金かかるので、前半で何とか増やしたい!!

東京7R 500万下 芝1600m

休養明けを1度使ったジークエンブレムが、今度はマイネルパシオンを逆転すると見ます。マイネルも地力のレース内容で評価は出来るので、逆転候補です。
穴っぽいところではプロトプラスト。

◎ジークエンブレム
○ストロングアサクサ
▲マイネルパシオン
△プロトプラスト・ウインミッション・スイートローレライ・マイネルゴーシュ・ブレイブバニヤン

東京8R カーネーションC 芝1800m

フローラSで対戦した3頭でどうしようもなさそう・・・
特にレースぶりが目立ったのはパッションレッド。引っ掛かりながらもそれを無理に抑えてケンカしながらの競馬。直線に入り、結構早めに交わされるがそこから大きくバテずに残っている。
ヴァアラクテアは出遅れて最後方からの競馬で5着と立派。しかし、君子蘭賞でのレース内容を見ると、やはりパッションレッドに軍配。地力で動いて勝ちに行って最後タレながらも0.1差の4着と、直線だけの競馬で2着。前者の方に食指が動きます。
一方、ランペイアはフローラSではよもやの大惨敗。
スタート出遅れたが、そこから慌てたのか進出してしまったのが良くなかった。
それも馬群の中に突っ込んでしまい、終始馬がカリカリしているように見えた。更に直線では前が挟まるアクシデントにもかかわらず、もう一度伸び返そうとしていた。
中京での未勝利戦の勝ち方は非凡で、もちろん単も十分

◎パッションレッド
▲ランペイア
○ヴィアラクテア
△ヴィヴィッドカラー・デンタルスピリット

にほんブログ村 競馬ブログへ 予想に納得して頂けたら、1ポチ宜しくお願い致します

| | コメント (0) | トラックバック (2)

東海ステークス

スカパー! レンタルサービス

↑グリーンCH観るなら、スカパーレンタルでチューナー+アンテナ無料!!
 レースリプレイ・調教VTR・調教コメント等、役立つツールが一杯。

にほんブログ村 競馬ブログへ 今日は中々のヒットでした★元気の源スイッチオンお願いします(笑)

中京11R 東海ステークス ダート2300m

前に行った者勝ちの感のある中京ですが、後ろから行く馬が結構人気しています。
届くのでしょうか?そういうワケで穴狙いに行きたいと思います。
シャーベットトーンは先行力もあり、人気もそれほどではありません(笑)
川崎記念では後ろから行く形になりましたが、あの小回りコースの中を後ろから外を追い上げ、4着まで持って来ました。勝ち馬には離されましたが、レース内容の厳しさから言えば十分に価値のある物だと思います。
平安Sでは地力で早めに進出し先行勢を振り切りますが、無理がたたり最後メイショウトウコンらに屈しました。
中京コースならそのままなだれ込めると見ます。ただ、単まではどうかなぁ~(笑)
軸として堅そうなのはキクノアローですよね、やっぱり。まぁこの馬については多くを触れないでもいいかなと。
人気薄の先行力ある馬という事ではアルドラゴンを。全く無印ですが、正直1着あると見てます。名古屋大賞典は、キクノアローに地力のレースで勝っています。その前の千葉Sと根岸Sで惨敗しているのでフロック視されているのだと思います。
でも敗因は明らかで、千葉Sは後ろからレースを進めて全くいいところなしの10着。
根岸Sでは、大外枠から頑張って先行しようとおっつけて行きますが、逆にそれが仇となりトウショウギア率いるオーバーペースに付いていく形に。
結果、差し馬達にドサッと交わされて14着。そもそも2戦とも1400mと1200mで短い所ですし、今回は非常に面白いと思います。(単買うならコッチかも)
追い込み勢では、オリンピアナイトの金蹄Sは実に地力のある勝ち方をしました。ただ、今回届くかどうかがポイントです。
メイショウトウコン・タガノサイクロンも同様の不安があります。

◎シャーベットトーン
○キクノアロー
▲アルドラゴン
△オリンピアナイト・メイショウトウコン・クワイエットデイ・タガノサイクロン


馬券は買い方を工夫して、上位3頭を絡めて購入します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

明日の勝負レース①

スカパー! レンタルサービス

↑グリーンCH観るなら、スカパーレンタルでチューナー+アンテナ無料!!
 レースリプレイ・調教VTR・調教コメント等、役立つツールが一杯。

にほんブログ村 競馬ブログへ 今日は中々のヒットでした★元気の源スイッチオンお願いします(笑)

今日の結果はまぁ、楽しめる物でしたね。
でもド本線での的中といかなかったのが残念です。
東京12R、セイカチューバはギリギリまで粘ってくれたのですが、最後屈して4着。惜しかったです。
東京10R秩父特別でのゴールデンミシエロの単勝890円
東京9Rガーベラ賞アルティマトゥーレの単勝920円。馬単6310円とそこそこ。
ローズオットーはやっぱりトビましたね(笑)
東京6Rもニキティスが来て、単勝は270円だから買いませんでしたが、馬単は3810。残念ですが3連複は獲り逃しでした。
単勝が当たってるという事は、3連単を取りやすい状態にあるので、明日は更にペースを上げて一発狙って行きたいと思います!!

予想に入る前に今日のおさらいを。
ダートは1枠・7・8枠の大暴れ。1枠は特にスゴイ。でも前残りではなくて、追い込みがしっかり届いていました。
芝は、基本的には内から1~3コース辺りまでが良いようです。ちょっと予想とずれてました。しかし、5Rでは横山ノリ騎手が後方から大外一気でマクリきって勝っているので、力さえあれば届くという事は確認できました。
ただ、マイネルキッツなど外回してからの伸びがイマイチのところもありましたので、それほど有利ではありません。
オークス前に芝のレースは3鞍あるので、更に外は届きやすくなるのではないかと思います。
ジョッキーでは藤田騎手がいつも通りの何でも前に持っていく積極策がハマリ3勝2連対。白アゴヒモは対照的に差しに徹した競馬で2勝1連対。
というトコロが、明日の予想を組み立てる上で抑えておくべきベースです。

では、今日の予想用BGMは、DAISHI DANCEのLET LIFE LOOSEと言う曲です。
今、一番のヘビーローテ。中毒性のあるラウンジ系ミュージックです。

東京9R 日吉特別 ダート1600m

次出走して来たら買おうと思っていた馬がココに出てきました。
ゼンノコーラルです。が、検討した結果、本命にはしませんでした。▲です。
本命はボーナスフィーバーでいきます。
前走、出遅れして後方グループのラチ沿いを追走。直線に入ると、絶対に届かないような位置から尋常ではないスピードで追い上げ、0.1差の2着に突っ込んでいます!
ダートは普通、ラチ沿いというのは伸びにくい物です。それをこれだけの脚を使うというのは並大抵のことではありません。
しかも、「途中砂を被って嫌がっていた」といっているのにあれだけの切れです。
12月2日の阪神ダート1200mでも同じようなレースをしています。
16頭立ての13番手で直線に入り、ラチ沿いを一頭だけケタ違いの脚で伸びて来ますが前がバッチンと壁になり手綱を大きく絞ります。それでも0.7差の6着。
今回、オークスの前にこのレースで大きく勝負しようと決めています。
相手は混戦ですが、マイネルギルトが面白いです。
前走は前残りで決着する流れの中、終始外を周り12着。ただ、1.0差なので着差はそれほどでもないです。
2走前の青梅特別は、スタートで大きくアオル不利。13番手でレース追走して3着まで追い上げ。3走前の福島500万下では、3~4角で大外を一気にマクリ、0.7差の圧勝。
今日のダートは後ろからでも十分届いていることから、展開は非常に向くと思います。
前走、ドンジリのまま全く競馬しないでヤメたプライベートプラン。
今回は幸四郎→豊騎手へパワーアップして狙いです。
人気しているカリオンツリーは、レース内容に全く見所がないのですが、鞍上が乗れてる藤田騎手なのでしぶしぶ抑えます(笑)

◎ボーナスフィーバー
▲ゼンノコーラル
○マイネルギルト
注プレイベートプラン
△フサイチウィード・ウエスタンリジ・ゲイリーリボルバー・カリオンツリー・パピヨンシチー

今日は、予想が出来たレースごとに順次UPしていきますので、こまめにチェックして頂いた方が良いかも知れません(汗)

にほんブログ村 競馬ブログへ ここで資金を増やして、オークスへ弾みをつけましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

追加です

中京11R テレビ愛知オープン 芝1200m

調教でエムオーウイナーが1番時計を出したらしいですが、ここは蹴飛ばします。
谷川岳Sの負け方が余りにも不甲斐ないものでした。
高松宮記念以降、調子下降しているのではないでしょうか?調教でどんなにかけても、バッサリ行きます。

◎ラッシュライフ
○ペールギュント
△アンバージャック・アズマサンダース・ロイヤルキャンサー・スピニングノアール

東京10R 秩父特別

◎ゴールデンミシエロ:いくら何でも外回しすぎ。
○マイネルキッツ
注マイネルスパークル
△セイウンビバーチェ・シルクダッシュ・サインオブゴッド・レイルバード

東京12R 500万下 ダート2100m

後ろの競馬になるとみて・・・

◎セイカチューバ
▲サンデーコバン
○オンワードウシワカ
△ロイバークラフト・トーセンクルーズ・ベルベットボクサー・ボビン

にほんブログ村 競馬ブログへ ←皆さん、色々なアプローチで予想されていて勉強になります

| | コメント (0) | トラックバック (1)

明日の勝負レース

スカパー! レンタルサービス

↑グリーンCH観るなら、スカパーレンタルでチューナー+アンテナ無料!!
 レースリプレイ・調教VTR・調教コメント等、役立つツールが一杯。

にほんブログ村 競馬ブログへ 予想の活力、愛の1ポチ運動にご協力を(笑)

1週間はあっという間ですね。今日も楽しい予想の時間です。
今日はMONDO GROSSOのアルバムを聴きながらの予想です。
everything needs loveという曲(voがBoA)が特に気に入っていて、repeat率が高いです。
鬱陶しくなるまでrepeatしてます。

中京10R 昇竜ステークス ダート1700m

混戦模様です。この間単勝・馬単勝負したエノクに勝った⑤ヤマカツブライアンが1番人気でしょうか?小回り中京の先行馬で3枠なら悪くないですね。
ただこのレースは先行馬がかなり多く、外からドンドン来てゴチャつきそうなイメージがあります。
そこで⑩ホワイトメロディーを中心に行きます。アンカツのダート戦は基本的に買いたくないのですが、この馬の能力の高さなら大丈夫だと判断しました。新馬戦・2戦目ともに強いワンサイドゲームでした。
穴で狙いたいのが⑬ケアレスウィスパー。金折騎手→吉田稔騎手に乗り替り。そこはまぁどうでも良さそうですが(笑)。
前走の端午Sは、直線中団にいる所を両サイドから挟まれてしまいジッとせざるを得ないという不利な展開。外枠引いたら是非狙いたいと思っていたのですが、よりによって中京とは。
それでも先行勢が忙しいだけに、直線だけの競馬でも2着に突っ込んで来る可能性を信じて狙います。
全く人気ないところでは、トーセンアーチャーが面白いと思います。
黒竹賞では手前を上手に替えられず、4角大きく外に膨れた為離された3着。
あざみ賞は芝戦なので11着も参考外。4月29日500万下は東京コースでキッチリ結果を出して1着。ぜひ狙いたい1頭です。

◎ホワイトメロディー
▲ケアレスウィスパー
○パルティーレ
注トーセンアーチャー
△ナックルパート・ヤマカツブライアン・ヒシカツリーダー・マコトスパルビエロ

東京9R ガーベラ賞 芝1400m

ローズオットーがグリグリの◎。馬注を見るまではこの馬を買おうと思っていたのですが・・・前走はよりにもよって4角で一番外に回し、足を余しての0.0差3着。
東京開幕週のAコースでこれは届くハズもない。今まで戦って来た面子、後ろからしかいけない脚質、と今回は絶好の狙い所なのだが、「カン」とでも言えばいいのか「嫌なムード」を感じてしまいます。
今までも何度か書いていますが、横山ノリ騎手の1本被りほど危険な物はありません。
もう何度も観てきました。
インコースに突っ込んで前が開かずに第惨敗、ダート戦なのにドン尻からポツンと行ってそのまま・・・思い出すだけでもイラっと来ますね。
今回は外枠なのと、藤沢厩舎じゃないことが救いなのですが、もうココは敢えて穴を狙って行きます。
④アルティマトゥーレ、コレはどうでしょう(笑)別に無理して探したワケじゃないですよ。
前走はスタート後引っ掛かって安藤騎手が必死に押さえ込んでいました。4角までは良い手ごたえですが、外の馬に並ばれチョット内に押し込められるとそれっきりスッパリ辞めてしまいました。この辺の見切りの良さが安藤騎手らしいです(笑)
7着という着順ほどは負けていないので、十分勝負でしょう。
人気馬が後ろから行く分、展開も向きそうです。
エイワハヤブサも前走は手前が上手く替らずに苦労していました。田中勝騎手は諦めて直線追っていないのですが、それでもスゴイ脚で伸びています。
今回は勝浦騎手。人気薄の勝浦騎手・差し馬と狙いどころはバッチリです。
クロスホーリーも直線挟まって勝負どころで置いていかれる不利。その後体勢を立て直してからの伸びは目だっていました。

◎アルティマトゥーレ
○エイワハヤブサ
▲ローズオットー:来たらしょうがない
注クロスホーリー
△アルビアン・キングオブハイシー・メダイヨン・ヒシプレミア

東京5R 3歳未勝利 芝2000m

最近よく、軽い穴をあけている松田騎手、ジュウクンサンダーを狙います。
ダート使いから芝に変わった前走の新潟戦は、地力のある内容で見ごたえのあるものでした。萩原厩舎-横山ノリ騎手コンビのアグレアブルがここで来るようなら、ローズオットーの購入金額をチョット増やそうと思います。
ここで全然仕上がってないようなら、9Rのローズオットーも危ないと見ます。

◎ジュウクンサンダー
○ヒシユニバーサル
▲アグレアブル
△ナショナルホリデー・スターマップ・ショウナンナンバー・ヒノデプリンセス・マイネナデシコ

東京6R 3歳未勝利 芝1400m

ここも昆厩舎-松田騎手のライン、グレートスラッガーが来ています。5Rで良い結果及びパドックの状態が良いようなら堅そうですが、あえて藤田騎手のニキティスから入ります。
逃げて惜敗したグレートスラッガーは今回目標にされて、ゴール前でキッチリ差されるだろうと判断しました。
何せ、藤田騎手はどちらの手綱もとっているのですから、仕掛けのタイミングは分かっているハズです。
それに、明日ベッラレイアを買う僕としては、同じナリタトップロードの子であるニキティスに是非好走して欲しいと期待もこめて(笑)
グレートスラッガーはジャングルポケットなんで断然コチラの方が向きそうですが(苦笑)
この2頭から、大穴狙いでダイワグランボー。惨敗続きですが、前走は休養明け+出遅れ。休養前の惨敗は直線での不利。
まぁ不利がなくてもよくて4~5着なんですが、今回余りにも人気がないので狙います。

◎ニキティス
▲グレートスラッガー
注ダイワグランボー
△エアソワレ・ミヤビキャサリン・ジョイフルティアラ・ニシノオトコギ

今日は、明日のオークスへ向けて芝の状況をしっかり確認しましょう!!
何とか資金UPして明日ゆとりを持って迎えたいですね。

にほんブログ村 競馬ブログへ ←皆さん、色々なアプローチで予想されていて勉強になります

| | コメント (0) | トラックバック (1)

オークス考察その5~良い画が描けました~

スカパー! レンタルサービス

↑グリーンCH観るなら、スカパーレンタルでチューナー+アンテナ無料!!
 レースリプレイ・調教VTR・調教コメント等、役立つツールが一杯。

にほんブログ村 競馬ブログへ 予想の活力、愛の1ポチ運動にご協力を(笑)

予想もいよいよ大詰めです。では個々の能力をもう一度おさらいしてみましょう。
2番人気が予想されるザレマについてもう一度。
基本的にはやっぱり切りなんですよね・・・レースを観てても、伝わって来ないんですよ。
ただ、ソツなくレースが出来る器用さがこの娘にはありますね。
そして、アドマイヤオーラを事実上降ろされた武豊騎手。
燃えてるでしょうねぇ(笑)今年は勝ち鞍が少なく、周囲から「乗れてない」だの「終った」だの批判されてるようですが。
今年岩田騎手に勝ち鞍で抜かれるだろうなというのは去年から予想ついてましたしね。何を今更と思うんですけど。
乗れてないと言われれば、乗れてないレースもあったりはしますね。
皐月賞とか、先週のヴィクトリアマイルも。まぁ去年のダービーのアドマイヤムーンが一番ヒドかったですけど(笑)アドマイヤムーンで上手に乗ったのって弥生賞だけのような気が・・・
でも、NHKマイルCのダノンムローなんか快心のレースでしたよ。さすが武豊騎手!!って喝采したくなるような。乗れてないなんて言ったら、関東のリーディング上位騎手はほとんど乗れてないですよ(笑)横山ノリ騎手、ソロソロ片目あけましょうよ!
あと、勝ち鞍が減ってるのは色々理由もあるでしょう。岩田騎手・安藤騎手・内田騎手など地方からのS級騎手が参戦して、良い馬が以前ほど集まって来ないでしょうし。勝てそうな馬にそれほど乗ってませんからねぇ。
あ、武豊騎手の事となるとつい熱くなってしまいました(汗)
そうです、今はザレマの話をしていたんですよ(笑)
新馬戦ソコソコの快勝。確かにチギってますが、同じチギってるんならベッラレイアの方が全然インパクト強いです。
スイープトウショウとか、ダンスインザムードの新馬戦と同じ感覚を抱いたんですが、ザレマにはそれがない。「あー器用そうな馬やなあ」で終っちゃう。
2戦目の500万下のレースも、あんなラクな位置にいて「負けるんかい!!」とツッコミたくなるほどアッサリ2着。
3戦目は中京でベッラレイアとあたり、ココも3着。
4戦目の忘れな草賞1着も、2番手で逃げ馬をマークしスッと抜け出す器用なレース。
器用さばかりが目だって、心に響かないんです・・・
馬の成長というのもあるでしょう。でも、中京のレースでベッラレイアとは勝負付けが済んでいると観ます、ボクは。
あとは、武騎手の好騎乗でどこまで伸びシロを与えられるか?というレースです。
恐らく、エアメサイアの時よりアッサリと交わされてしまうだろうと思います。
ただ、器用なんでスッと前に付けてロスなくレースが出来るだろうなという想像はつきます。そこはプラス材料です。
ただ、間違っても単はない馬です。いいのか?こんな力強く言い切っちゃって(笑)
人気過剰なのは否めないですね。

カタマチボタン:すごくイイです。東京コースで実績があり、大崩がない。前に付けれる脚がある。鞍上も藤田騎手。ボクはザレマよりもこちらを評価しています。

ミンティエアー:新馬戦・2戦目のミモザ賞と、レース内容がとにかくいいです。フローラSではベッラレイアに屈しましたが、ゴチャっとしたトコロから抜け出てくる直線での鋭い脚は目を見張りました。

ミルクトーレル:君子蘭賞は、前残りの中大外から突っ込んで0.1差の5着。厳しい内容ながらも良い脚を見せました。続く500万下の1着も同様に鋭い脚を使っています。
短いところばかりでのレースが続きましたが、前走のフローラSで4着に来ている事から距離も問題なさそうです。非常に良い脚を使う馬です。

トウカイオスカー:新馬戦は前に付けれてしっかり勝ち切りましたが、それ以降は後ろからの競馬。差し脚の切れは抜群で、ミモザ賞1着の鬼脚は見事でした。スイートピーSで6着に負けた事から人気落すでしょうが、完全に前残り方の馬場だった事からそれほど心配はいらないと思います。
白アゴヒモが鞍上というのも魅力です。GIで中々チャンスのある馬には乗れないですからね。一発心中に期しているハズです。決め打ちでの爆発に注意が必要な1頭です。

ザリーン:矢車賞で◎に推して、単勝1090円をプレゼントしてくれました。フローラSでは両サイドから挟まれて手綱を絞るアクシデント。にも関わらずそこからもう一度伸びようとしていました。8着という数値にとらわれない方がいいと思います。
矢車賞はポッカリ開いたインを付いたので、それほど能力のアピールにはなりませんが、忘れな草賞3着のヒカルアモーレに勝ったというのは一応好材料です。
ただ、ヒカルアモーレが引っ掛かって自滅しただけという要素も大きいのですが・・・
あと、幸騎手は今年好騎乗が目立ちます。良く穴あけてますので、ヒモの1頭としては抑えたいですね。

ハロースピード、スマートストームに関してはケリです。前残りの展開になって初めて活きる馬達だと思います。

あ、ピンクカメオについて一切触れていなかった(笑)
東京コースは合いますよね。追ってからは確実に伸びます。なのでヒモとしては押さえます。ただ、結果としてNHKマイル勝ったからオークスも使ってみよう-というダメもと感が強く漂ってるので、今回はほとんどいらないと思っています。
展開がハマったのが勝因のほとんどですからね、NHKマイルは。

にほんブログ村 競馬ブログへ ご参考になったか分かりませんが、気に入って頂けたらポチっと(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

オークス考察その4~ボチボチ型にはめます~

スカパー! レンタルサービス

↑グリーンCH観るなら、スカパーレンタルでチューナー+アンテナ無料!!
 レースリプレイ・調教VTR・調教コメント等、役立つツールが一杯。

にほんブログ村 競馬ブログへ 予想の活力、愛の1ポチ運動にご協力を(笑)

さぁ、ダイワスカーレットがいなくなった大混戦オークス。一体どうなってしまうのでしょう?
もう1回、頭をリフレッシュして予想の組み立て直しをしてみました。

不動の人気馬がいなくなった事で、展開面での影響はどうでしょう?
逃げ・先行馬も極端に少なく、一見すると彼らに利がありそうです。
しかし、今週からAコース→Cコースへの変更がなされます。
同様のパターンでの過去の馬場特性を見直して見ました。
Aコースからコース代わりした場合、そのほとんどの場合が差し~追い込み型の馬場へと変貌を遂げています。ココ、非常に重要なポイントですね。
実際、土曜日~日曜日の傾向を見てみないと分かりませんが、ある程度芝が傷んでいるラチ沿いのコースより、フレッシュな状態の外の方が走りやすいようです。
ですので、先週の様にインコースを突っ込んで来たり、安易に前が止まらなかったりという事はないと思います。
逆に、外からキッチリと届き、前で粘った馬は2~3着に・・・というパターンではないでしょうか?

では、果たしてそういうオークスは今までにあったのでしょうか?
結論から言うと、一杯あります。
近い年代ではシーザリオ―エアメサイア。ロスのない中団から馬場中央の一番良い所を抜け出たエアメサイアを、大外からシーザリアが撫で斬りにしたレースです。
今回はこのパターンに一番近いと思います。

他にも、スティルインラブ-チューニー。スマイルトゥモロー-チャペルコンサート。
ウメノファイバー-トゥザヴィクトリー。メジロドーベル-ナナヨーウイングと枚挙に暇がありません。
逆に言うと、前-前で決まったレースの方が少ないくらいですね。
シルクプリマドンナ-チアズグレイス。ベガ-ユキノビジン(古っ!!)くらいでしょうか?

あと、逃げ馬不在の中で、ポンと単騎放し逃げをしたダイワエルシエーロは見事そのまま1着に押し切り、スイープトウショウが突っ込んで2着というパターンがありました。
今回、アマノチェリーランが恐らく逃げるのでしょうが、逃げに出そうな騎手が奇襲を仕掛けた時にはチョット恐いかも知れません。
そういう事をしそうなジョッキーは藤田騎手ですかね・・・

長くなりましたが、展開面で言うと「外回し差し馬勢 + 先行馬」という組み合わせが妥当なようです。

次は、個々の能力見直しをしてみたいと思います。
続きは次回に!

にほんブログ村 競馬ブログへ 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ダ、ダイワスカーレット・・・

スカパー! レンタルサービス

↑グリーンch、アンテナ+チューナーレンタルで初期費用0円でつ。

||||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン
ダイワスカーレット、回避シマシタ・・・
まぁ考えようによっては、その状態で出走されて凡走されるよりは良かったんですけど。
いつぞやのダンスインザムードの時みたいに。
パドックで気付いたとしても取捨には相当悩むでしょうから、結果オーライで気持ちをポジティブに。
安藤騎手はツイてないですね。フサイチホウオーの身にも何か起きなければ良いのですが(不安)

これでベッラレイアが1番人気に押し上げられます。2番人気はザレマでしょうか?
秋山騎手、GI未勝利なのに1番人気の馬に騎乗。先週の幸四郎の再現と、危険視する声が一気に高まりそうです。
でも、ボクはそんなに心配してないです。だって、この馬後ろから行って、直線で大外出せば良いだけですから(笑)
先行する馬とかだとどうしても速めに動いちゃったりする事もあるでしょうが、この馬の場合は直線勝負するだけ。馬群に突っ込むワケもないので、むしろ秋山騎手向きだと思いますよ。

ダイワという圧倒的な存在がいなくなった事で、もう一度展開面からの練り直しが必要ですね。ちょっと落ち着いてから、UPしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

先週の分析を&キニナル馬

スカパー! レンタルサービス

 ↑アンテナ+チューナー0円!標準取付け工事も0円!

先週購入したレースも含めて、今一度見直しを。

まず京王杯SC(GⅡ)から。
繰り返し言っているように、土曜日は追い込みが届かなくなってきた馬場状態へと変化。
なので、好位3番手から粘りこんだものの3着に沈んだオレハマッテルゼの評価はすこぶる低いです。
次何かのレースに出て来て人気になるようだったら、相当おいしい1頭になるでしょう。
逆にそれを差して2着にまで届いたシンボリエスケープは、素直に評価していいと思います。
休養明けを叩いて2戦目で力を見せました。
1着のプリサイスマシーンは、馬場の良い中央のコースを良く伸びて差し切り。
切れ脚の確かさを良く見せ付けたレース。福永騎手もロスない好騎乗だからこそのガッツポーズでしょう。
◎に推したアボロノサトリは、いつもの通り後方追走。直線で外目に持って行きますが、ちょっと後ろすぎましたね。騎手がどうこうではなく、そういう脚質なのでこれは仕方がない。
馬場が合わなかったですね。
前走はハマッた感が強いと評価下げたピカレスクコートはドンジリ付近。
直線に入ると手ごたえの悪さを感じて、秋山騎手は追うのをやめてましたね。
逆にこれで人気落ちるようなら、どこかでは穴をあけると思うので見限らない方が良いと思います。一瞬の切れ味が活かせるようなコースの方が向いてるかも知れません。

勝負した土曜日12Rのナスノフィオナは、またまた後方から行って直線挟まってしまいました。これで3走連続・・・今日の馬場もそもそも合っていませんでした。
逆に言うと、これで人気が落ちると思うので、次は更に張りたいと思います。こりないですね、ボクも(笑)

10Rのダート2100m、◎に推したリュウゴールド。前に行くかと思ったのですが、後ろからのレース。これでは持ち味が生きる訳もないので参考外。
外枠を引いた時に是非狙ってみたいと思っています。

改めてヴィクトリアマイルCを―
一番目立った馬はジョリーダンスでしょうか?最後のあの脚は中々ですよ。スイープもアドマイヤも振り落としましたからね。
スイープは今回あんなものだろうなとは思っていました。恐らく来ないだろうと見てましたから、次にどこを使うのか分かりませんが、人気しすぎでした。
ずっと勝ってないのに、「牝馬相手なら格的に上だろう」という期待値での人気ですから。
スイープの狙い所は、人気薄の時ですよやっぱり。
京都外回り―外が伸びる馬場、これがスイープトウショウ然り池添騎手の黄金パターンですね。ただ、この条件に合うレース引退までにあるのか?疑問です。
宝塚とか出て来た時に、もう一度見直したい1頭ではあります。

ディアデラもあの馬場に気付いた時にいらないと判断しました。が、さすが岩田騎手。
馬場の良い中央をツッコミ、能力はきっちり出し切りました。今NO1の名手ですね。
予想外の騎乗から好結果になったのはキストゥヘブン。
前に付けたのは決して横山騎手の好判断ではないです。前週のイクスキューズに続き引っ掛かっただけです(笑)
デジャヴかと思いました、前週イクスキューズから行った身としては(笑)
なので、結果論的に前に行って正解だったというだけです。
これで人気するようなら逆に危ないです。

デアリングハートは、藤田騎手のファインプレーも大きいですね。穴候補として挙げていたので能力があるのは承知していたのですが、先団の後ろから馬場の良いトコロを選んでの追い上げ。この間のローレルゲレイロも見事な騎乗でしたが、今回も満点でしょう。
今年はGI獲りそうな雰囲気十分です。

コイウタに関しては言うまでもないでしょう。○に推してましたから(笑)
東京コース・1600m。得意分野で、しかも今回は折り合ってパーフェクトなスポットに納まってました。勝ち切るまでに至ったのは、このベストポジションの恩恵が大きいのは事実ですね。
ボクは差し脚を活かさないとダメだと思っていましたが、逆にあの場所があの馬場にはパーフェクトでした。次どこ使うんでしょうね?

アドマイヤキッスはスタートの後手が全て。Mrロケットスタートの武騎手にしては珍しい。これで人気落ち続けてくれるといいですね。相手関係厳しいですが、どこかでもう一度狙いたいと思います。

最後にカワカミプリンセス
馬体重は-2kgでしたが、身体は緩く見えました。それでもポテンシャルの高さで行くかとも思いましたが、ポジションも一番厳しかった。次は宝塚記念ですかね・・・
ボクは狙ってみようと思います。牡馬があんなに空き家状態ですからね。
今回は快心の出来で出走して来ると思います。幸四郎騎手も開き直って騎乗できるでしょう。マイナス要素が見当たりません。単まで十分あるんじゃないでしょうか?

↓良ければ1ポチ頂けるとウレシイです

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

オークスの考察その3~PLAY BACK

スカパー! レンタルサービス

 ↑アンテナ+チューナー0円!標準取付け工事も0円!

先ほど、グリーンチャンネルでオークスの過去レースをおさらいしていたトコロです。
いやぁ、月日の流れの速さを感じますね~
こりゃ自分もおっさんになっていくワケですよ(笑)

過去のオークスを振り返ってみて気付いた事、結構あります。
結構1番人気が飛んでますね、それもアッサリ(笑)
テイエムオーシャンは単勝1.8倍で3着に。アドマイヤグルーブは出遅れグセ全開で追い込みも届かず。ダンスインザムードは単勝1.4倍なのに調整を失敗して4着にズブズブ。
そして、アドマイヤキッスも中団後ろからの競馬も届かなかった。
かなりメジャーな名前の1番人気が消えてますね。
ただ、ダイワスカーレットには当てはまらないなと安心はしています。
テイエムオーシャンは引っ掛かってしまった。
ダンスインザムードは調整失敗。後の2頭は後ろから行って届かないというパターン。
先行力あって、掛かりクセもないダイワには全く縁のない話かなと。

他に気付いた事。
オークス直前になって、血統・距離適正・トライアル勝ちなどで急遽人気になったような馬は、やっぱり能力が足りてないんでしょうね。来ない馬が多いみたいです。

では、今日は買いたくない馬です。
まずザレマ。これは恐らくエサだろうなと観ています。
社台生産馬・忘れな草賞勝ちと、穴人気筆頭というトコロでしょう。
でも、忘れな草賞は最後抑えるほどの完勝。人気するのも無理ないです。
ただ、1枠1番という「利」が大きかったなというのが正直な感想です。全くコースロスなくコーナーを周り、2番手から4角で先頭に並びかけるという完璧な内容。それが今回も出来るかというと疑問です。
今回はダイワスカーレットがいますので、早めに来られて交わされてしまうでしょう。交わされてからはどうしても先行した馬は粘りがなくなりますので、中団以降から来た馬に飲み込まれるだろうと観ています。中京ではあんなに大外ブン周って、ロスだらけのベッラレイアに完封されてますし、まずボクは切りです。

次にラブカーナも切りです。まぁこれはそんな人気しないでしょうけど、忘れな草賞2着は、鮫島騎手がラチから一回も離れずに直線もぐりこんだ好騎乗です。
スイートピーSも、同様にラクなレース内容だったにも関わらず2着に負けています。

ところで、問題はあの馬ですよね。ピンクカメオ
本当に出てくるのでしょうか?なにやら四位騎手が騎乗するらしいですが・・・
前走のNHKマイルCは、先行馬総潰れの後ろの競馬。今回好走するかどうかは馬場による部分も大きいでしょう。
ただ、距離はどうあれ東京コースがあっている事は疑いないので、ヒモとしての抑えは必要だと思います。
アタマまでは難しいでしょうね。

と言ったトコロが現在での見解です。

↓気に入って頂けたら、1ポチをお願いします!

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (4)

オークスの考察その2

スカパー! レンタルサービス

 ↑アンテナ+チューナー0円!標準取付け工事も0円!

昨日は人気の2頭を見ましたが、どちらもタイプが全く違うので面白いですね。
今日はそれ以外の第3勢力を。グリチャのレースリプレイをしっかり見直してチェックしました(笑)

今気になっている馬が2頭。今の所、3連単をこの2頭に厚くぶつける予定です。
ローブデコルテとミンティエアーです。

ローブデコルテは桜花賞4着。まぁ、1・2着とは大きく離されましたが、馬群を縫うようにして直線追い詰めて来た脚は目だっていました。3着カタマチボタンはその前にいた馬で、ロスなくレースを進めていたので力負けではありません。
紅梅S1着の勝ちっぷりも見事。チューリップ賞は5着とは言え、内容は非常に濃い。
3着争いの最有力候補と見ています。

もう一方のミンティエアー。フローラSでベッラレイアの2着した馬ですが、さすがにベッラレイアとは完全に勝負付けついてますね。
でも、直線馬場の中央を鋭く伸びて来た脚は中々のものです。やはり有力な3着候補と言えます。

あとは、どういうレースの流れになるかがポイントですね。
どちらも後ろから行く馬なので、馬群を上手くさばけるかが着順を前後させそうなので、どの枠に入るかもしっかり見極めたいです。

次回は、蹴りたい馬について触れてみたいと思います。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今週はオークスですね

アンテナ+チューナー0円!標準取付け工事も0円!

↑グリーンチャンネル観るなら今がチャンスですよ★

毎週荒れまくっているGIですが、今週はいよいよオークスです。
ここ一連のGIの中では、一番軸がしっかりしているレースですね。
これからじっくり時間をかけて分析をしていきたいと思いますが、今日はまず前段の部分を。

今分かっている事実をおさらいすると
・今週からCコースに変更される。
・先週のAコースでは、大外は伸びきれず、馬場の中央付近を走った先行馬が止まらずに押し切れた。

という事ですね。
このコース代わりがどう影響を及ぼすのかは、土曜日のレースをじっくり観てから結論を出したいと思います。

では、馬の能力ではどうでしょうか?
ダイワスカーレットの桜花賞は完勝でした。チューリップ賞は、結果的にハナに立った事で目標とされ、キッチリ差しきられる形になりました。
しかし、好位置に控えた桜花賞ではウォッカを4角で軽く一振りし、そのままのリードを全く詰めさせることない、本当に力のある内容でした。
(ちなみに、安藤騎手のあの4角で外に振る技術は天下一品ですよね。
今まで数々の馬が、あの「一振り」に泣かされてきています。)
という事で、正直ダイワスカーレットが負ける姿は想像がつきません。
桜花賞のウォッカ以上に堅いと言えるでしょう。

では、もう一頭の有力候補ベッラレイアはどうでしょう?
前走、フローラSのレースを観終わったの感想―「うわぁー、アカン」
お手馬ファイル(レースぶりが目立った馬を記入しておくファイル)のコメント
「化け物が現れた」
これが、その時感じた正直な想いです。それ位衝撃的なモノでしたよね。
だって、開幕週で皆前残り・ラチ沿いの馬ばかりが来ていたはずなのに、大外ズドンですよ。
しかも、一度前が塞がって外に持ち出してからですからね!!
ちょうど、去年カワカミプリンセスが勝ったスイートピーS。
高崎の場外馬券場でレースを観て「なんじゃこの馬・・・これはオークスもブッコ抜くで」
と親父と一緒にあきれ返ったのを思い出します。
ポテンシャルとしてはベッラレイアも同じなんじゃないでしょうか?

ただ、去年はダイワスカーレット級の馬はいませんでしたからね。そこが違うトコロです。
という事で、この2頭は正直堅そうですね。
後は、どんな馬場になっているのかが重要なフォーカスと言えそうです。
明日は、第3勢力からピックアップをしていきたいと思います。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

悔しい~!!

日曜朝4時まで麻雀を打ち、そのまま勢いで競馬に突入しましたが、ヴィクトリアマイルCが終わりボルテージが一瞬沸騰。
その反動で睡魔がぶり返し、爆睡してしまいました(笑)
ようやく目覚めての回顧ですが、いやぁ悔しい・・・というか不甲斐ない。

○に挙げたコイウタが1着穴指定のデアリングハートが3着
そして、何とアサヒライジングとは・・・
改めて馬場の恐さを思い知らされました。

途中で予想を何度も追加してしまいご迷惑をお掛けいたしましたが、それ位に先週と馬場傾向がスッカリ変わってしまい。
また、土曜日よりも日曜日の方がより前残りの傾向が強くなっていました。
そういう経緯もあって、アドマイヤキッスは絶対に前につけると判断しての◎だったのですが・・・
スタートして後手を踏んでしまった時点で
「あぁ、これはアタマはないな」と諦めざるを得ませんでした(泣)

まぁ、他のブログでも皆さんカワカミについては触れていると思うので多くは書きませんが、色々な部分で残念でしたね。
パドックを見てこの馬を◎にするのか▲にするのか最後まで迷いました。
しかし、身体はあきらかに『緩かった』です。
この時点で▲というより、限りなく△に近い単穴に落ち着きました。
レース内容も、もう見ていて可哀想でした。
GIの1番人気に対する他馬・他の騎手からのアタリの強さを、幸四郎騎手も身をもって体験したことでしょう。
兄のユタカ騎手にまで外からフタをされるような形で、狭い所に押し込められてしまいましたね。
直線に入ってからも、どこに出して良いものかパニック状態になってしまっている様が伝わって来て、何とも言えない気持ちにさせられました。

アドマイヤキッス・スイープ・ジョリーダンス。外回した差し、追い込みはやっぱり届かなかった。この辺は予想通りだったのですが、アドマイヤが中団からになってしまうとは・・・

デアリングハートは、やはり思ったとおり好走しましたね。
でも、アサヒライジングは読めなかった。展開次第では・・・とも思いましたが、やはり最近の惨敗が気にかかり切ってしまいました。
もう一工夫があれば獲れた馬券だけに、また反省です。
次こそは、しっかり拾えるように応用していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。

次はオークスか・・・
今のままの馬場だと、ベッラレイアいらないなぁ。心配です。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ヴィクトリアマイルCの予想 追記

土曜日の予想は惨憺たる結果に終わり、何とも残念です。
増えた分を今日にぶつけようと思ったのですが・・・
特にレース内容がガッカリするような物ばかりだったので悔いが残ります。
回顧はまた別の機会にするとして、ヴィクトリアマイルCの予想を。

東京11R ヴィクトリアマイルC 1600m

ポイントになるのはやはり馬場です。
先週はあんなに追い込みが効いていた東京の馬場も、土曜日はすっかりなりを潜めてしまいました。芝の回復が思ったよりも早いようです。
前が思ったよりも止まらず、伸びるのも大外よりも真ん中から内より、と言った傾向です。

そういう点を踏まえると、武豊騎手騎乗のアドマイヤキッスに食指が動きます。
カワカミにしろスイープにしろ後ろから行く馬なので、けん制しあってる間に早めスパートで抜け出しそうなイメージがプンプンします。

また、カワカミとスイープ以外の単勝が10倍以上付くというのも魅力を感じますね。
カワカミからの馬単2着でも何点か遊んでみても良いと思っています。

まとめ、早めに抜け出したアドマイヤキッスをカワカミが捕まえに来る。
その後ろから追い込み勢が突っ込んで来て3着争い。
カワカミが予想以上に強すぎて、アドマイヤキッスを早めに交わすようだと、追い込み勢の2着もありえます。
という事で、印はこんなカンジに。

※今日のレースを観ていると、内ラチが思った以上に悪くなっていて、皆馬場の中央を回して来ます。
その為、外を回した馬や後ろから行く馬は3着止まりというパターンが続いています。
益々、アドマイヤキッスが濃厚になってきました。
デアリングハートも急浮上ですね。
(14時11分更新)

◎カワカミプリンセス
▲アドマイヤキッス
○コイウタ
☆コスモマーベラス
△デアリングハート
△サンレイジャスパー
△ディアデラノビア
△キストゥヘブン
△ジョリーダンス
△スイープトウショウ

単 勝:アドマイヤキッス
馬 単:14 → 6の裏表をドンと。
     6 → 4・8・13・15・16 にバラバラっと。
3連複 6 → 4・14・13・16 → 2・4・7・8・13・14・15・16・17
3連単 6・14 → 6・14 → 2・4・6・7・8・13・14・15・16・17
     6・14 → 2・4・6・7・8・13・14・15・16・17 → 6・14

さっき麻雀大会から帰って来ました。
一睡もしてないのですが、このまま今日の競馬に突入します☆

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (6)

また見つけちゃったんですけど(泣)

また見つけてしまいました。それも超穴馬・・・
日曜日のヴィクトリアマイルCは、益々大荒れ模様です。

今更ながら第1の懸念が、逃げ馬が不在という事。
アサヒライジングが行くのか、デアリングハートが逃げてみるのか?マイペースで息が入ってしまうと恐い存在です。いくら追い込みが効く馬場とは言え・・・
カワカミプリンセスもスイープトウショウも後ろから行く馬。アドマイヤキッスもその辺をどう判断するのか?
早めにスパートして押し切ろうとするのか?展開判断が非常に重要な要素であることは疑いないです。

それを抜きにして、また穴馬の存在に気付いてしまった・・・
それは、

⑬コスモマーベラス!!

前走は4ヶ月休養明け。一番人気に指示された福島牝特は0.2差の4着。
たったそれだけでこの人気のなさ!
休養前の愛知杯ではアドマイヤキッスのやはり0.2差の2着。
でも、内容から言えばソツなくのったアドマイヤより遥かに目立つもの。
というか、アンカツの乗り違い(すみません)。
その前のターコイズSの勝ち方も素晴しいの一言。
惜しむらくは、何故に蛯名騎手?白アゴヒモで良かったじゃないのべつに・・・
と言ってもはじまりませんが、差し脚比べになったら間違いなく切れます。
人気所が早めに仕掛けるようなら、一気に飛んでくる可能性も高いです。

これはまた予想の練り直しが必要だ(汗)
展開からもう一度アタマを冷やして考え直して来ます。

PS:明日は大変残念な事に麻雀の誘いがありそちらに行かなければなりません。
帰ってくるのは恐らく日曜日の早朝。
なので、明日の更新は出来ないと思いますので悪しからずご了承下さい。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィクトリアマイルC 穴馬発見!

枠順も確定し、改めてメンバーのレース内容等確認しました。
そこで発見した穴馬、それは・・・

⑯デアリングハート!!

この馬はかなり恐い・・・何故に人気がないのか!?
マイルCSの大惨敗と、休養明けの前走の敗戦が原因でしょう。
でも、前走は地力で先行して勝ちに行った競馬で、内容は決して悪くない。
いかにも中山をひと叩きしてココ狙いのニオイがプン×2します。
去年の8月クイーンカップの勝ち方は特に素晴しい内容で、ちょっと尋常じゃない勝ち方でしたよ。あれを見ると、ここでアッサリ勝たれてもおかしくない!

⑮サンレイジャスパー

全く人気してません。無理もない成績ですが、どのレースも、ただ大外をブン回してくるだけの内容。それでも、どのレースも最後までしっかり伸びているので力が足りないワケではありません。
今回のコースはこの馬にとって最高のチャンスのハズ。
佐藤哲三騎手なら、人気薄で一発あってもおかしくないです。必ず抑えたい1頭です。

という事で印を一部修正。

◎カワカミプリンセス(でも、やっぱりパドックみないと分からない)
○コイウタ
▲アドマイヤキッス
注デアリングハート
△サンレイジャスパー
△ジョリーダンス
△ディアデラノビア
△キストゥヘブン
△スイープトウショウ
△アグネスラズベリ

これで行きます!!

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京王杯SCの予想など→チョット変更

明日はキニナル馬が東西の10Rに出走しています。
どちらも穴馬なので、ハマればおいしい配当になりそうなので期待しています。
東京は、先日の回顧で触れた様に、2枠・4枠が全く出ていないので、爆発に注意しましょう。

東京11R 京王杯SC 芝1400m

◎⑩アポロノサトリ

前走はキンシャサノキセキが前で残して楽勝。開幕週の馬場で、一番大外に出して追い込もうとしても、それは届くはずもない(いくら新潟でも)ので参考外。
東京コースお1400mも得意。
3走前のバレンタインSは、1600万下のレースだけど正攻法のレースで完勝。
今の東京なら追い込み効くので人気薄で楽しみ!

マイネルアルビオンは何故にアンカツ騎乗?プリサイスマシーンが松岡騎手の手に戻った経緯が良く分からないのですが、恐い1頭。
前走淀屋橋Sの勝ち方に非凡な力を見ました。1200mばかり使っているので1400mがどうかという感じですが、内ラチも良く伸びるコースで、ジッと待機して直線だけの競馬をやれば突っ込んで来る可能性十分にあると思います。

ピカレスクコートは、2走前の道頓堀Sの内容に不満。前走は確かに良く切れてたけど、ハマリすぎの感あり。人気とのバランス考えると対抗止まり。
不気味なネイティブハートまで抑えて。
人気のオレハマッテルゼは、完全にピークアウト。どうしても不安なら3着ヒモとして抑えても・・・僕は買いません。

単勝:⑩アポロノサトリ
馬連:10-2.9をメインに、3,6,8,12,14、15、17にバラバラと
3連複:10 → 2,15、9 → 左に+3,6,8、12、14

東京10R 是政特別 ダート2100m

◎①リュウゴールド

前走では直線で前が開かずに外へ持ち出すロスがありました。しかし、そこからもシブトク伸び続けており目を惹くレース内容でした。
東京も2100mも得意な上に、ヨシトミ騎手への強化。懸念なのは最内枠ですが、前走も1枠だった事と、今回はヨシトミ騎手でもう少し前で競馬をするであろうという事です。
単勝・馬単でガッチリ勝負します!

単 勝:①リュウゴールド(小額で)
馬 連:① → 6・11・14・15をメインに。2・7・8・12に少しずつ。
3連複:① → 15・6・11・14 →左+2・3・7・8・9・12

京都10R 葵ステークス 芝1400m

◎①アルヴィス

くしくもどちらも10R、しかも1番となりましたがアルヴィスから行きます。
マーガレットSでは、直線追い出そうとする所を外から被せられる形になり、インコースへ逃げ場を探します。しかし、そこも前が非常に狭く、窮屈そうに腕を折りたたんで追っていた姿が印象的でした。
その不利がなければ、今回も出走しているエーシンビーエル(3着)と良い勝負していたと思います。
今回もまた内枠。川田騎手も2度同じミスをするわけには行きません。(最近あまり乗れてないように感じるのが少々不安ですが・・・)
先週の矢車賞でザリーンが突き抜けたのと同じレースをやれば、いいところまで食い込めるのではないかとみます。
アドマイヤヘッドは人気過剰で嫌います。カノヤザクラが相手の1番手。エイシンイチリンも展開面で有利です。

単勝:①アルヴィス(小額にしときますが)
馬単:1 → 4・6・9に厚く 2・5・10・11・12に少々。マルチも抑えましょう。
3連複:1 → 4・6・9 → 左+2・5・10・11・12

東京12R 1000万下 芝1800m

◎②ナスノフィオナ

前有利で追い込み不発だった開幕3日目のレース内容が圧巻。
大外を回してからの脚の鋭さは目を見張ります。結果は、当然内の馬達に屈したのですが・・・
ヒシシンエイに勝たれたら仕方ないですが、アタマは②から入りたいです。
①ジョウノエリザベスがまたまた人気過剰の藤沢厩舎=横山ノリ騎手。
1月27日の東京「箱根特別」を見ているとまぁ買いたくはない内容でした。
それならば、大外⑫ノーザンスターの内容が光ってました。5走前の東京戦の鬼脚。
前走の東京戦では前に行ってみましたが、最後たれました。
北村騎手に乗り替りましたが、抑えて直線だけの競馬をしたら面白いと思います。

単 勝:②ナスノフィオナ
馬 単:② → 8をドンと。 12を抑えます。
3連単:② → 8・12 → 8・12を本線に。
     ② → 8・12・1 → 1・3・7・8・11・12
3連複:② → 8 → 12

↓フムフムと思えた方は、1ポチして頂けると嬉しいです

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ヴィクトリアマイルCをどう見る?~その②~

前回に続き、ヴィクトリアマイルの考察を。
さて、スイープトウショウ。どうしましょう(笑)

府中、走らないですよね・・・安田記念の2着大激走があるけど、1回も勝ってない。
しかも、安田記念の時は状態的にもピークにあったと予想されますよね。
その後の宝塚記念でハーツクライ、ゼンノロブロイを完封したくらいですから。
・当歳同士のオークスでも2着に屈した。
・思い切り向いてそうな天皇賞だが、2回とも末脚不発の5着。
・毎日王冠すら勝てていない事から、やっぱり府中は相性悪い。
・ここ数戦も1回も勝っていないのに、今回は牝馬同士なら・・・という過剰な期待。
・競走馬としてのピークを越してしまっているのではないか?

う-ん、ヤな要素しかないですね。前走にしても、上がり32.7と言ってもラチ沿いをロスなくスルスル上がって来ただけなんでねぇ。余り評価する気にならないですよね。
なんで、現状では3着候補の一頭という位置付けです。
ただ、馬場が追い込み型になっているのは、この馬にとって唯一の救いです。

その他の馬を見てみます。アドマイヤキッスはどうでしょう?
前走のマイラーズCは4着。スイープトウショウに遅れをとっていますが、直線で前が挟まり気味になったところを中々抜け出せずに苦労していました。
今回、広い東京コースで人気もそれほどなく、中団で控える武豊騎手となると相当に恐いです・・・完全にハマった時にはアタマまで十分の可能性を秘めていると見ます。

ディアデラノビアも岩田騎手のあの追いっぷりで今の馬場とあっては、2着は十分にありそうです。頭はチョット無理でしょうけど。
前走は前で競争しすぎた分、末が甘くなりました。

そのディアデラノビアに勝ったジョリーダンスが人気しそうです。
1600mでの良績、左回りも実績アリ。
人気にも頷けますが、前走の内容はそんなに光ったモノではなかったと思います。
中団のインコース側にピッタリと控えて、直線仕掛けただけ-ロスの全くないレースでした。藤田騎手の好騎乗のなせる業かなと判断。
初のGIで、そこそこの人気を背負って普通なら勝てない。
でも鞍上がアンカツですよ(笑)
いやですねぇ。肝の据わったジョッキーが差し馬に乗られてると合っては抑えるしかないかなと思いますが、アタマはやっぱりない。
完璧に乗って2着まで。いきなりGIはブッコ抜けないだろうと思います。

キストゥヘブン。ノリ騎手です・・・
前走は、ラチ沿いをポツンと最後方で走り、直線追いまくって良い脚を見せました。今回も全く同じことをやりそうなので、ヒモには必要だと思います。

現時点での予想のまとめ

◎カワカミプリンセス
○コイウタ
▲アドマイヤキッス
△ディアデラノビア
△キストゥヘブン
△ジョリーダンス
△スイープトウショウ(ほとんど切りの方向。後はパドック観て)

でも、こんなスンナリ納まるかなぁと疑問もあるので、トドメの穴馬をただ今検討中です。
閃き次第報告いたします(笑)

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

予想する時って・・・

theory×FreeTEMPO theory×FreeTEMPO

アーティスト:オムニバス,FreeTEMPO,Fantastic Plastic Machine,STUDIO APARTMENT,Monique Bingham,i-dep,JAFROSAX,Nokko,Soul Source Production,Monday Michiru meets Rasmus Faber
販売元:ユニバーサルJ
発売日:2007/04/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

早速ですが、普段予想する時ってどうしてますか?
僕は好きな曲をかけてながらやると集中できるので、いつもそうしています。
これはこの間購入したモノですが、非常に良かったです。
LET LIFE LOOSEって曲が特に一番いいですね。
アパレルブランドのtheoryが出したラウンジ系コンピレーションアルバムなので、かけっ放しにしておくのには持って来いです。
良かったら予想のお供にどうぞ ↑

という事で、5月6日の京都分のレース分析が終りました。
その中から気になる馬を何頭かピックアップします。

京都2R 3歳未勝利 ダート1200m
スカイハイシチー
【大きく出遅れたが、馬なりで中団まで進出。直線も鋭い脚を使った。次は勝ち負け】

京都5R 3歳未勝利 芝1800m
エアソーニャ
【手ごたえが4角でなくなる。その後は完全にやめていたので今回は参考外】

京都6R 3歳500万下 ダート1400m
ヘッドライナー
【クチをあけて暴走気味の逃げ。気が悪いのか?馬具でもつけてきたら見直し】

京都9R 矢車賞
ヒカルアモーレ
【引っ掛かって抑えきれない。結局消耗して直線ではおつりなし。乗り変わって狙う】

京都12R 1000万下 ダート1800m
フォグキャスケード
【直線、とんでもない所からすっ飛んできた!ただ、後ろからしかいけないから注文がつく】

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィクトリアマイルCをどう見る?

今週も東京マイル戦のGIです。
昨年は、高崎場外(BAOH)で馬券購入したのを思い出しますね。
相性の悪かったダンスインザムードがやっとこさ勝ってくれたレースです。
が、その後の安田記念で折角の内枠を利さずズルズル後ろからの競馬になりあっさり惨敗してくれました。
今年はもうダンスはいないので一安心ですが、私のフェイバリットホース『スイープトウショウ』がいるので、これまた頭の痛い所です。

さて、もう一つ取捨が難しいのがカワカミプリンセスですね。
正直どう扱っていい物やら・・・
同期生のフサイチパンドラ、アサヒライジングの振るわなさが、余計に頭を愚鈍にさせます。
鞍上は武幸四郎騎手-
まぁ正直誰もが「エッ!?」ってリアクションしますよねぇ。
でも、この間とんねるずの番組に出演していた時に、「今年はボクを買わないと痛い目にあいますよ(笑)」って言ってたので、素直に従おうと思います(笑)

まぁくだらない話はともかく、今中心として考えている馬から-
それは『コイウタ』です。
モノスゴく気になってしょうがないんですよ。
何かこう訴えかけてくるんですよね、馬柱が(爆笑)。
・東京コースの相性の良さ
・1600mという距離適正
・鞍上の松岡騎手

看過できないモノを勝手に感じてしまいます。
前走のダービー郷CTのレース内容もまずまず良かったと思います。
狭っくるしい馬群を割って抜け出てくる根性は、目を惹きました。
今の東京コースにピッタリだと思います。
皐月賞で惜しい所を逃した松岡騎手。今回はチャンスだと思います。
昨日も書きましたが、今の松岡騎手は人気薄だと本当に恐いので要注意です。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

先週の分析とキニナル騎手

日曜日は本当に外枠決着が多く、7枠7回、8枠4回と以上な出現率でした。
そのアオリを受けて、2枠と4枠が完全に死に目。
土曜日はこの2つの枠に注意したいと思います。

芝の状態はラチ沿いも良く伸びるのですが、外枠の差しも良く決まり出しているので、追い込み馬でも活躍できると見ていいでしょう。

土日の出走馬で目立った馬を何頭か挙げたいと思います。

5月5日(土曜日)

京都9R 御池特別 ダート1400m
ゼンノパルテノン
【道中ケンカしっ放しで体力消耗し、直線ではズルズル失速しそのまま。
内枠も良くなかったと思うので、外枠を引いて再度狙いです】

京都7R 3歳500万下 芝1600m
ナリタスパーク
【当日狙いに行って惨敗した馬。掛かってしまい道中なだめるのに苦労。
結局押し切る形で4角外から先頭に並ぶが、そこで一杯一杯。
やはり中団に控えて脚を溜めた方が活きる馬と見てもう一度追いかける】

京都11R 京都新聞杯 芝2200m
クレスコワールド
【この後もメンバーが厳しいので相手次第の感あるが、今日は直線で外に持ち出す分のロスがあった。あれだけ最後追い詰めているだけに勿体ない。展開はまれば・・・】

5月6日(日曜日)

東京10R オアシスステークス ダート1600m
オフィサー
【後方外目を回し直線入る。抜け出そうとするも外から被せられて体勢を立て直す分のロスがあった。最後も良く伸びているので今日の内容は評価出来る】

カイトヒルウインド
【直線に入っても何もしないで持ったまま。その割には普通に伸びている。調教代わり?
横山騎手でよく見るレース内容。次走は一応注意】

東京12R テレビ埼玉杯 ダート1600m
バルバロ
【直線に杯って力尽きたのか騎手が追うのやめたが、そこからも逆によく伸びている】

メジロバーミューズ
【直線、抜け出そうにも挟まれたままで、追い方が中途半端。突き抜けてただろうに】

東京6R 3歳500万下 ダート1400m
アポロダヴィンチ
【先行して早め先頭に立っていたが、交わされて力尽きると追うのを完全にやめてしまった。仕掛けが早かったのと、勝ち馬が強すぎた】

東京5R 3歳未勝利 芝1600m
ソングバード
【ラチ沿いだったが、直線だけの競馬で鋭い脚を見せた。初出走ながらこの内容なら次走は勝ち負け】

東京4R 3歳未勝利 芝1400m
タワードピーク
【道中掛かり、なだめるのに苦労。それでも直線ではスゴイ脚をみせた。

東京3R 3歳未勝利 ダート2100m
サンジャンボリー
【イン突くも前が開かずにそのまま辞めてしまった。着順ほど負けてない】

上記の馬達が出走して来たら、相手関係と展開を考えながら注目したいと思います。

また騎手では、最近「勝浦騎手」がチョイ×2良い仕事をしているように感じています。
良く穴開けるんですよ(笑)
勝浦騎手と松岡騎手は、穴の時は特に抑えておいた方が良いと思いますよ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

キョウエイタップ・・・

今日のNHKマイルCは、府中の指定席で観る事が出来ました。
まさかGIを指定席から観れるとは(しかもGW中の!)夢にも思っていませんでしたが、あいにくの天候の為か指定席に余裕があったようです。

さて、NHKマイルCですが馬券的には残念な結果になりました。
ピンクカメオが怒濤の追い込みで突っ込み、ローレルゲレイロを交わすと既にゴール前でガッツポーズをしていました。
これを観たときに、キョウエイタップが勝ったエリザベス女王杯が思い出されました。

確か平成2年だったと思うのですが、前の週の菊花賞でメジロライアン(1番人気)が3着に沈んだ鬱憤を晴らすような派手なアクションでゴールした横山ノリ騎手。
噂ではこの後採決委員に怒られたらしいのですが(笑)
こんなの思い出す僕も結構古いですね。ちょっとノスタルジックです。

でも、内田博騎手-ちょっと感動的でしたね。
最近、去年あたりの鬼気迫る騎乗が見られないなぁと思っていたのですが、本当に良かったですね。おめでとうございます!!

イクスキューズはスタートが良すぎたのか掛かってしまい、この時点で終了。
後ろから行くと予想していたのですが、中々上手くいかない物です。
ローレルゲレイロの藤田騎手は、本当に見事な騎乗でしたね。
あれで勝てないというのは、やっぱりこの馬は当分勝つ事は出来ないと確信しました。
去年のアドマイヤムーンと同じ臭いがします。

今日はとにかく外枠がよく来ました。7枠に至っては10Rまでで連対。8枠も4連対です。
ここももしや・・・と閃きを信じ、11・12・13・14・17の3連複をBOXで追加したのですが、まさかムラマサノヨートーとは・・・
17ダノンムローが直線ラチ沿いをすくってきて、12シベリアンバードも突っ込んで来た時には一瞬ドキンとしたのですが、いかんせん外の2頭の脚色が違いすぎました。

東京6Rエノクは期待通りの強さでしたが、2着が抜けてしまい。ガツンとぶつけたアンカツが3着とガッカリ。馬単で万馬券だったのに単勝(240円×5000円)しかとっていない辺りにセンスの無さを痛感。

京都9R矢車賞ザリーン(単勝1090円)は上手くラチを衝いて突き抜けました。
しかし、これもヒモが抜けて単勝のみ。高田騎手の単勝1.6倍が飛んでしまうとは・・・中々本線では当たりませんね(笑)

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (2)

NHKマイルC

明日は朝から雨という事で、恐らく重~不良馬場での競馬となりそうですね。
それがどう影響するかが問題ですが、土曜日の東京の馬場を見てる限り「かなり大外からの追い込みが効いてきたな」という印象が強いです。
9Rアフリカンビート、10Rピサノパテック、11Rゴールデンダリア
・・・と勝ち馬は皆大外から強襲した馬ばかりです。
ここをポイントとして抑えつつ、馬券の検討をしたいと思います。

東京11R NHKマイルC 芝1600m

◎⑥イクスキューズ

毎年予想が難しいGIです。キングカメハメハやタニノギムレット級が出ていない時は、後になっても活躍しない馬が多いですよね。
特に2着馬に至っては、その後オープンで一線級を張っている馬は皆無。
今年はA級馬不在で、荒れるムード満載です。

牡馬の強い所がいませんね。今年は牝馬の方がレベルが高いですよね。
1勝馬のローレルゲレイロが人気しすぎのような。並んで抜かせない勝負弱さは、こういう混戦では大きなビハインドとなるでしょう。
毎レース善戦で終っており、こういう勝ちきる力のない馬が1番人気というのはいかにも消えるパターンだと観ています。

◎のイクスキューズは、前走は逃げてギリギリまで粘り倒しましたが結局ベッラレイアに屈しました。展開は絶好だったにも関わらず差されてしまったのは、距離の壁でしょう。
今回はきっと前につけないで、後方待機策で桜花賞と同じパターンで行くと見ています。
横山ノリ騎手のGIでの人気薄激走パターンですよね。直線だけで2着に持って来るのは。
1着に持って来れるかって言われると微妙ですけど・・・(笑)
でも、横山騎手を買うのはこういう時だと判断しました。

大穴候補は⑰ダノンムロー!
スプリントまでしか経験してないのがネックでもあり人気の無さの裏返しでもあります。
武豊騎手自ら、2月の寒桜賞のレース後に「次も続けて乗りたい」と言い、しかも「左周りの方が良いと思う」と進言しての中京参戦。
結果は、ドンジリから大外だしての下手打った騎乗で当然届かず4着。
次走の京都橘Sも同じくアオッてドンジリ。
前残りの馬場も手伝って、またもや単勝1倍台の人気を裏切ってすっ飛び。
武豊騎手もこれ以上失敗は出来ないでしょうから、今回はきっとある程度の結果を出す騎乗をするでしょう。
しかも、今は追い込みが効く馬場状態になってきています。
去年のロジックもラチピッタリをすくってきましたが、今回もやる可能性は高いですね。

単 勝:⑥イクスキューズと⑰ダノンムローをチョロっと・・・
馬 単:⑥ → 17・13・1・3・4・11 ×マルチ
3連複:⑥ → 17・13・1・3・4・11 → 左+5・10・14
      ⑰ → 6・13・1・3・4・11 → +5・10・14
馬 連: 6-10、6-17

京都9R 矢車賞 芝1800m

◎②ザリーン

【前走のフローラSは、開幕週の東京で逃げ切りばかりの馬場状態。
その中を後方追走でしかも直線で外から挟まれる不利。今の京都なら差しきれる】

単 勝:②ザリーン 
馬 単: ② → 3・4・6・9・10
3連単: ② → 3・4・6・9・10
3連複: ② → 3・4・6・9・10

京都10R 祇園特別 芝1400m

大混戦で難しいレース。パスした方が良さそうだけど、荒れそうな気配が漂っていてついつい手を出したくなります(笑)
⑩ビッグファルコンの前走大敗は、前残りの馬場が合わなかったと割り切れれば軸に出来るのですが、パドックを見て調子落ちがないか判断してからですね。
相手に、穴っぽいところを拾ってみたいと思います。

馬 連: 10-2.3.4.5.6.8.9
3連複: 10-2.3.4.5.6.8.9

新潟11R 中ノ岳特別 ダート1800m

◎⑫ウエスタンリジ

⑦ブラックランナーが人気していますが、脚質的にちょっと不安があるので▲評価。
⑨ハウンドコップも前走は経済コースピッタリ周り、直線少し狭かったが全体的には文句のない騎乗。今回もそう上手くいくだろうか?という疑問が。

単 勝:⑫ウエスタンリジ
馬 連:⑫ - 1・4・5・7・9・10・13・14・15
3連複:⑫ - 4・5・7・9・10 -左+1・13・14・15

東京6R サラ3歳500万下 ダート1400m

◎⑨エノク:とにかくバケモノ級のレース内容

馬 単:⑨→16にドカッと入れて、11・14・に少し
3連複:9-16・11・14-左+5・6・7・12

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

パドックで・・・

Photo_18  京都11R 京都新聞杯

 単勝 ②タスカータソルテ 3.9倍×5000円

 馬単 ② → ⑤ 7860円

 3連複 ②―⑤―⑩ 26420円

前日予想では無印だった ⑤ローズプレステージ
パドックで拾っちゃいました・・・
でも、⑩サンライズベガが2着の方が馬単ついたのに惜しかったですね。

その他のレースも惜しいのばかりで、3着ヒモが抜けて取り損ねのパターンで苦戦しました。
一番気合を入れて買いに行ったナリタスパーク(京都7R)でしたが、掛かり気味で早めに先頭集団についてそこで力尽きてしまいました。
中団で脚を溜めた方が良いタイプなのかも知れません、残念です。

アサクサゼットキのレースは出走取り消しでアフリカンビートを抜擢し単勝のみGET。
新潟大賞典もヴィータローザを切ってしまい抜けてしまいました。

明日は全場雨の予報なので気乗りしませんが、NHKマイルCは自信があるので勝負したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

京都新聞杯&新潟大賞典

京都11R 京都新聞杯 芝2200m

◎②タスカータソルテ

プリンシパルSもそうですが、ここも信頼しずらい面子が揃っています。
が、タスカータソルテの軸は堅いのではないかと思っています。
1月7日の福寿草特別。持ったままで0.7秒差でまとめるという圧巻な内容。
次走の弥生賞は後方から大外ヒドイところに出してブン回すだけの競馬。
直線だけではどうにもならず1.2秒差の7着。
前走の毎日杯は、直線まで岩田騎手らしいベストスポットに入り込むも、前が邪魔で全く踏み込めずにそのまま0.7秒差の8着。

馬主は社台F。今後の乗り馬の供給にも関わって来るでしょうから、ここでヘタは打てません。
しかも、インコースがポッカリと開く京都外回りコースで2枠2番と来れば、絶好です。

単 勝:②タスカータソルテ
馬 単: 2 → 1・3・4・10・14を厚く。 6・9・11・15は薄めに。
3連単: 2 → 1・3・4・10・14 → 1・3・4・10・14  20点
      2 → 1・3・4・10・14 → 6・9・11・15    20点

新潟11R 新潟大賞典 芝2000m

◎⑩サイレントプライド

生粋の白アゴヒモファンとして、⑩サイレントプライド から行きます(笑)。
左回りも得意ですし、ある程度前に付けれる器用さもあり軸はこの馬でいいのかなと思っています。
対抗は ③フォルテベリーニ。大阪ハンブルグCでは、ゴール手前で2着馬がヨレたアオリを受けて手綱を引く仕草。それでも⑨エアセレソンに先着している点を評価しました。
後は軽量での単騎逃げでドコまで持たせるかの穴期待で ⑥ヨイチサウス。
上昇度のある ⑯ニホンピロキース 辺りを相手に。

馬 単: 10 → 3・6・9・16 を厚く。 4・5・8・11を遊びで。
3連単: 10 → 3・6・9・16 → 3・6・9・16 12点
      10 → 3・6・9・16 → 4・5・8・11 16点
3連複: 10 → 3・6・9・16 → 左+4・5・8・11

| | コメント (0) | トラックバック (2)

久しぶりのブログ

仕事の転職だなんだと随分ホッタラカシでしたが、久しぶりに更新してみました。
明日は現地入りして、前半はチビチビ複勝コロガシて遊んでようかなと思ってます。

<明日はコレ買いに行きます>
京都7R 3歳500万下 芝1600m
◎②ナリタスパーク

【前走は4角でメチャクチャに寄られて大外に立ち上がり気味に出す不利。
それでも大外をシブトク伸びて来た脚は魅力。単まで狙って・・・】

▲⑤コンティネント: 出遅れるか逃げ切るかで連に絡むか絡まないかがハッキリしていて、取捨が難しい馬だが、前走の負け方を見る限りではココでは力上位。
○⑩ケイアイマイスキー
注④ショウリュウアクト

単 勝: ②ナリタスパーク
馬 単: 2 → 5・6・10を強めに他へパラパラと。
3連複: 2 → 5・10 → 4・6
           2 → 5・10 → 1・3・8・9に少し。

<その他の購入予定>
東京9R 六社特別 芝1600m
◎⑧アサクサゼットキ


【前が止まらない馬場状態だった前走(開幕週の東京)、苦しい位置取りから直線挟まれて進路を変えながらも鋭い脚を使った。
今回のメンバーは前に行く馬が結構揃っており、中団からでも十分届くとみました。
2月3日の立春特別で ⑦ウインクルセイド ⑩セキサンフジ とはぶつかっているが、内容からはアサクサゼットキが一番、ウインクルセイドはバツグンの位置からロスなく走っており、評価できる内容ではないと判断します】

注⑩セキサンフジ:前走、4角を過ぎると急にフワっとして走るのを辞めたように見えたの
            が気になる・・・パドックみないと恐い。

単 勝:⑧アサクサゼットキ
馬 単:8 → 10を本線に 2・5・12にチョロパッパ 3・7・14・16に少~しだけ。
3連単:8 → 2・5・10 → 3・7・14・16 の12点
3連複:8 → 2・3・5・7・10・14・16

東京10R 晩春ステークス 芝1600m

人気所が後ろから行く馬。先行馬が少ないというのがポイントになりそうなレースです。
展開面で向きそうなのは ⑦シンゲン と ⑯ローランジェネルー。
でも軸は ⑧ピサノパテックで。
前走は昇級初戦。中山で重馬場で後ろから行って直線だけの競馬。
さすがに届かないでしょう、コレでは。
藤沢厩舎 = 横山ノリ騎手 = 1本かぶりの人気 = 内が詰まってスッ飛び
というパターンが多いのですが、今回はそれほどの人気はしなそうので(笑)
⑯ローランジェネルーをヒモでひっかけて購入します。

馬 単: 8 → 16・2・4・1013・15に紛れを狙って。
3連複: 8 → 7・9・16・2・4 → 左の馬+10・12・13・15

東京11R プリンシパルステークス 芝2000m

どれも抜けた馬ではないので、展開ひとつで結果が大きく変わりそうなレース。
山藤賞の内容が圧巻だった ④ゴールデンダリアを軸に。
③キングオブチャドも、地力で動いた分最後タレたが内容は悪くない。

3連単: 4 → 3・1・7 → 1・2・3・5・6・7・8・9・10・12・13 30点
3連複: 4 → 3・1・7 → 1・2・3・5・6・7・8・9・10・12・13 何点だろ?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年6月 »