« 2月5日回顧 | トップページ | 2月6日現在の収支 »

2月4~5日反省とルール

「ダートのインコースは非常にタイトである」

205000 京都9R 寒梅賞 ダート1400m

 ⑨イリューシブネスと①ウグイスジョウの2頭のどちらに絞れば良いか思案。

 結局どっちからも入って失敗。⑨に絞って買い目を増やしておけば・・・

1着⑧カルナバリート 2着⑨イリューシブネス 3着⑪テンザンモビールと決まり、3連複 15470円。

ダートは絶対外が良い。何でだろ?インコースは砂被って馬にストレスが多いのか?砂が単純に深いのか?  原因は分からんが、厳しいのは紛れも無い事実だ。

205001 東京10R 金蹄ステークス ダート2100m

 上と全く同じミス。②ウインレガート・⑧シャーベットトーンどちらを軸にするか悩み、結果どちらからも入り、買い目が追いつかず獲り逃し。

1着⑫アルファフォーレス 2着⑧シャーベットトーン 3着⑤ラッキーブレイク

馬連 11160円  3連複 14450円 本当もったいない!!

「止めたレースに限ってピタリと当たる」

0204000 東京11R 白富士ステークス

 試行錯誤の末、①コスモオースティン・③メジロマントル・④ナイトフライヤー・⑥エアシェイディを主軸だろうってトコまでは行った。でもそこから絞れない・・・

ナイトフレイヤーはお手馬リストでのC評価馬。「でもここで本当に足りんのか?」とか、「コスモオースティン本当にすんなりいけるのか?」なんて考えだしたらキリがなく、結果止めてしまった。

そしたら見事 1着⑥エアシェイディ 2着①コスモオースティン 3着④ナイトフライヤー ってオイ(号泣)・・・

3連複 92510円 3連単 464420円 ご愁傷さまでした。これに懲りて、お手馬の出走で逡巡するのは止める、絶対!!

ちなみに類義語で「切った馬・金額を落とした馬に限って来る」というのもあるんだけど、これを改めて書くハメにならないといいんだけど。

|

« 2月5日回顧 | トップページ | 2月6日現在の収支 »

「失敗から学ぶ格言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月5日回顧 | トップページ | 2月6日現在の収支 »